株式・証券関連用語集

証券コード

日本の証券取引所に上場する企業に対し「証券コード協議会」が付与する株式の識別番号(「1300」~「9999」までの数字4けた)です。すべての株式に異なった4桁の数字があり、この数字によってどの銘柄かを区別することができます。証券会社のWebサイト等で証券コードを入力すると、その銘柄に関するさまざまな情報を入手することができます。

4桁の数字は一見ランダムに割り当てられているように見えますが、一定の規則性があります。1500番台・1600番台は鉱業、1700番台~1900番台は建設業など、その規則を覚えることによって証券番号を見るだけで、おおよそどんな銘柄か予想することもできます。

アメリカでは数字ではなく、ティッカーシンボルと呼ばれるアルファベット4文字からなる銘柄コードで識別されます。これはヨーロッパやアジアの証券取引所でも使用されています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ