株式・証券関連用語集

リスクプレミアム

リスクプレミアムとは、株式投資などリスクのある投資に対して、投資家がそのリスク分に対して求める超過収益(上乗せ利益)のことを指します。
これは、同じ投資期間内における、リスク資産の期待リターン(期待収益率)からリスクフリーレート(無リスク金利)を差し引いた差であり、通常、投資家がリスクをとっても、その価値があると考える追加的リターンのことを示しますが、常に一定ではなく、金利情勢や発行体の信用力など様々な要因によって変動します。

通常銀行に預金する場合には元本が保証されていて、銀行に預けることによって金利がつきます。しかし、投資商品を買う場合の期待されるリターンが銀行に預けた場合と同じなら、ほぼすべての人が投資商品を買わずに無リスクの銀行預金にすることでしょう。つまり、リスクがある商品(投資商品)を買った場合、銀行の金利にさらにリスクをとった分の追加リターン(上乗せの利益)がついていなければなりません。このときの追加リターンのことをリスクプレミアムといいます。

基本的にリスクプレミアムは取るリスクの大きさに応じて変化します。大きいリスクを取れば、その分リスクプレミアムも大きくなります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ