株式・証券関連用語集

騰落率

一定期間にどれくらい資産価値が上がったのかを示す指標です。
対象は投資信託、株式、不動産とあらゆる投資商品に適用されます。

一定期間の資産価値上昇率、資産価値下落率ともいえます。期間は任意に設定できるため、どの程度の期間で資産価値が上昇したかを確認する必要があるときには重要な指標となります。

例えば、ある不動産の価値が1年間の間に2倍になったとすると、騰落率は+100パーセントということができます。また、投資信託同士を比較する場合には同じ尺度で比較ができますが、投資信託と株式、株式と不動産といった異なる投資対象物は一概には比較できません。
しかしながら、騰落率を利用すれば、これらの異なる資産対象物も相互に比較することができるため、投資先を決めるうえで非常に重要な指標です。騰落率+200パーセントの投資信託と、騰落率-50パーセントの不動産があった場合には、数値だけの比較で前者が好ましいことが判断できます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ