株式・証券関連用語集

LIBOR

正式名称はLondon Interbank Offered Rateといい、イギリスのロンドンにおける銀行間取引金利のことを指します。日本の東京における銀行間取引金利、TIBOR(Tokyo InterBank Offered Rate)とほぼ同じ指標といえます。

各銀行はこのLIBORを基準として米ドル、ユーロ、日本円などの各通貨の調達コストを提示しています。基本的に取引期間が1年未満の短期金利の指標として利用されています。また、LIBORと比較することで調達コストの割高・割安が判断できます。

信用力の高い企業ではLIBORよりも低い水準で資金調達を行なうことができますが、逆の場合にはLIBORに+αの金利を付けなければ資金調達が難しい場合があります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ