株式・証券関連用語集

逆張り

投資の大きな方向性として上昇傾向のときに買い、下降傾向のときに売るといった素直なやり方と、上昇から下落に転じたり下落から上昇に転じたりするときを狙って売り買いをするやり方があります。前者は順張りで後者を逆張りといいます。景気が底の状態のときに株価も底値であることが多いですが、そういったときを狙って買い、株価が回復してから売るといった手法が逆張りの典型でしょう。短期の売買においては、乖離率(かいりりつ)が高くなっている状態を狙うのも逆張りによる投資方法です。逆張りは上手くいったときには大きく利益を出すことができますが、順張りと比べて仕掛けどきを探るのが難しいのが特徴として挙げられます。人によっては性格的に逆張りに向かないケースもあるでしょう。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ