株式・証券関連用語集

配当性向

権利付き最終日の大引けの時点で、株式を持っていると配当金や優待をもらうことができます。配当金は企業が得た利益の一部を株主に還元する意味合いを持つもので、長期保有目的で株式を買う人にとってはかなり重要です。

どの企業の株式を持っていれば配当金を多くもらえるのか見極めるのには、配当性向の数字を見てみるといいでしょう。配当性向は税引き後の当期純利益に占める配当金の割合を示す概念です。配当金総額を税引き後当期純利益で除することで算出されます。その数字に100を乗じることで、パーセントで表すことができ、大抵の上場企業は20~30パーセントくらいの数字です。配当性向が大きい企業は株主を大事にしていると評価できます。

しかし、発展途上の企業は株主を大事にしていても、利益を配当に回す余裕がない、または企業価値向上のため利益を投資に回すため配当性向が低くなってしまうことがあります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ