株式・証券関連用語集

BRICs

BRICsとは、ブラジル連邦共和国、ロシア、インド共和国、中華人民共和国の4カ国を「Brick(レンガ)」という単語をもじって作ったものです。
各国の頭文字を並べたものであり、これらの国々は今後の成長が期待される新興大国を意味しています。

発祥は2003年にアメリカのゴールドマン・サックス社が発行したレポートの中で初めて用いられ、これが広く一般的に使用されるようになりました。このレポートの中では、2050年にはこの各国がGDPにおいて、上位6カ国に入る可能性があるということが記載されています。

これらの4カ国に共通しているものとしては、広い国土と人口が多いことが特徴であり、さらに豊かな天然資源を保有していることから今後大きく成長すると注目されている国々です。なお、2011年から南アフリカ共和国もBRICsに加わったため、全て大文字の「BRICS」表記も使用されるようになりました。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ