株式・証券関連用語集

長期金利

長期金利とは、1年を超える借入金に適用される金利をいいます。代表的な長期金利としては新発10年国債の金利が挙げられます。期間が1年未満の場合は短期とされ、1年以上の場合は長期とされます。
短期金利は、金融政策の影響を直接的受けるので、流動性が高く、利率の変動が激しいという特徴を持っています。長期金利は短期金利の影響も受けながら、経済活動の影響を大きく受け、左右されるという特徴をもっています。こうしたことから、長期金利はその国の経済状態を測るバロメーター的な役割と言え、「経済の体温計」にたとえられたりします。

長期金利で重要なことは、将来の短期金利の推移や物価変動(インフレ、デフレ)などについての予想です。将来のどういう変化を先取りしているのか、どういう期待を市場が持っているかを考え、慎重に見極めなければなりません。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ