株式・証券関連用語集

マイン

マイン(Mine)はインターバンク市場で用いられる用語で、提示された値段で買ったという意味を表し、テイクン(Taken)を使う場合もあります。逆に、提示された値段で売った場合はユアーズ(Yours)、ギブン(Given)が使われます。インターバンク市場は銀行などの金融機関限定の市場で、外国為替市場と資金の運用・調達を行う市場の2つがあります。

マイン、ユアーズは、主にニューヨークや東京の外国為替市場の参加者に広く用いられ、テイクンやギブンはロンドン市場の参加者の間で用いられています。為替市場ではいずれも限られた時間で最大の成果を出す取引を行うため、短い言葉でやり取りをしなくてはいけないという背景から生まれました。しかし、最近は電子化された取引が主流であるため、あまり用いられなくなっています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ