株式・証券関連用語集

ちょうちん

ちょうちん(提灯)とは、他人の動きに追随して相場に参加することです。特に大口投資家や仕手筋の売買によって相場が大きく動いたタイミングで、個人投資家が追随することを示します。例えば、ちょうちんをつける、ちょうちん買い、ちょうちん売りのように使われる言葉です。

インターネットが普及したことで、プロ投資家と個人投資家の間の情報格差は小さくなりました。しかし、個人投資家が相場や個別銘柄に関する情報を得たとしても、適切な投資判断ができなければ相場の一方的な動きに追随する傾向があります。相場が急騰したときプロ投資家は売り抜けることが通常で、ほどなく相場は反転してしまいます。そのため、ちょうちん買いをした個人投資家は結果的に損失を被る可能性が高くなります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ