株式・証券関連用語集

EPA

EPA(Economic Partnership Agreement)は、二つ以上の国・地域の間で締結する経済連携協定です。貿易の自由化だけでなく、投資や人の移動、知的財産の保護、競争政策のルール作りを含む、幅広い経済関係の強化を目的としています。経済関係の強化を目指す協定にはEPAのほかにFTA(Free Trade Agreement)がありますが、日本はより幅広い分野を含むEPAを推進しています。 二国間でEPAを締結すると関税が撤廃または削減され、これによって期待されるのが貿易の活性化や市場の拡大です。また、相手国との関係強化を通じた政治・外交上のメリットもあります。なお、2017年6月現在、日本がEPAを締結して発効している相手国は東南アジアを中心とした次の15の国と地域です。

シンガポール、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシア、ブルネイ、ASEAN(東南アジア諸国連合)、フィリピン、スイス、ベトナム、インド、ペルー、オーストラリア、モンゴル

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ