株式・証券関連用語集

セーフティネット

セーフティネット(safety net)は安全網という意味で、金融の分野では金融機関が破たんしたときに利用者を救済する仕組みです。

例えば、預金保険制度は銀行預金を対象にした制度です。普通預金や定期預金など一般の預金は、一つの金融機関ごとに1人あたり1,000万円までの元本とその利子が保護され、当座預金などの決済用預金は全額保護されます。また、投資者保護基金は証券会社に預けている資産を対象にした制度です。証券会社に預けている資産は証券会社自身の資産と分別して管理することが義務づけられており、本来は証券会社の破たんの影響は受けません。しかし、証券会社が分別管理を行わず預けた資産が返還されない場合は、1人あたり1,000万円を上限に投資者保護基金から補償が受けられます。いずれの制度においても、制度の対象外の金融商品があるため、契約や購入にあたっては注意が必要です。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ