株式・証券関連用語集

損益分岐点

収益=費用となる金額のことです。つまり費用が100万円かかっている場合、収益も100万円なければ赤字になってしまうため、損益分岐点は100万円となります。

損益分岐点=固定費÷(1-変動費/収益)という計算式で求められ、例えば固定費が100万円、変動費が40万円、収益が200万円だった場合、損益分岐点は125万円です。ここで、固定費とは収益の発生に関わらずかかる費用を指し、変動費は収益の発生に応じてかかる費用を指します。固定費の例としては人件費、変動費の例としては仕入原価を想定すると分かりやすいでしょう。また、損益分岐点比率という指標もありますが、これは損益分岐点額を収益で割り、100パーセントをかけたもの。この比率が低ければ売上が大きく減少しても赤字にならないため、収益性が高いと解されます。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ