株式・証券関連用語集

定款

会社の根元原則を策定した文書で、会社の設立に当たって作成が義務付けられているものです。法律が定める事項を記載して発起人が署名または記名押印し、公証人が認証して初めて効力を発します。定款の記載事項は絶対的記載事項、相対的記載事項、任意的記載事項の3種類です。

  • (1)絶対的記載事項:必ず定款に記載しなければいけないものです。記載を欠いた場合、定款自体が無効になります。目的、商号、本店の所在地、設立に際して出資される財産の価額または最低額、発起人の氏名または名称、および住所、発行可能株式総数の6項目です。
  • (2)相対的記載事項:記載がなくても定款自体は有効ですが、定款の定めがない場合は効力が認められないものです。
  • (3)任意的記載事項:会社が所定の事項に関する取り扱いを明確にする観点から、任意に記載するものです。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ