株式・証券関連用語集

相続税

相続や遺言など、なんらかの形で亡くなった人(=被相続人)の財産を受け継いだ場合に、財産の金額に応じて係る税金です。3,000万円+法定相続人の数×600万円で計算される額までは非課税となる基礎控除の制度が導入されているため、基礎控除額を超えた場合にこの税金を納付します。

なお、申告は相続が発生した日(一般的には亡くなった日)から10か月以内に、被相続人の最後の住所地の税務署に対して行わなくてはなりません。期限を過ぎた場合、もしくは相続税を納める必要があるのに申告を怠った場合は、無申告加算税、過少申告加算税、延滞税、重加算税などのペナルティが課されるので注意が必要です。また、何らかの事情で相続税を一括して払えない場合は、所定の手続きを踏めば分割して納付できる制度(延納)も設けられています。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ