株式・証券関連用語集

機械受注

機械受注は「機械受注統計調査」を指します。
機械受注統計調査は内閣府が月次で発表している指標で、主要機械等製造業者を対象とし、それらの企業の受注額を集計した統計です。メーカーが注文を受けた設備投資用の機械の受注額を集計するもので、設備投資の動向を知ることができます。これは6か月から9か月の先行性を持った経済動向分析指標とされており、その結果は毎月注目されています。機械の受注が伸びているということは、設備投資を行った企業の業績が上向いていくと考えられます。それにより株式市場、社会の景気全体にプラスの影響がもたらされると想定されるわけです。

しかし、月次での受注額のブレが大きいため、四半期ベースで見て修正を行うといったある程度の比較期間も必要だとされています。また、通常、船舶と電力を除く民需が重視されます。これは両業種からの受注は規模が大きいことや、景気局面との関連が薄く不規則な動きを示すことが多いことから、実勢を伺うには不適当と見られることに起因します。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ