株式・証券関連用語集

景気ウォッチャー調査

景気ウォッチャー調査は、景気の動向を示す指標のひとつで、街角景気とも呼ばれます。日本全国の11地域(北海道、東北、北関東、南関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄)を対象に行われています。
景気が反映されやすい職種(小売店や、タクシー運転手、レジャー業界など)で働く人たちを景気ウォッチャーに任命(2,050人を選定)してインタビューを行い、結果を集計・分析して景気動向指標として発表しています。地域別調査機関で調査を実施し、地域ごとの調査結果の集計・分析を、取りまとめ調査機関で行っています。

調査は内閣府が主管しており、毎月25日から月末にかけて調査を行い、翌月の8日ごろに結果が発表されます。調査事項は、景気の現状に対する判断や方向性とその理由、また追加説明・具体的状況の説明、今後の景気の判断や方向性とその理由などがあります。

現況(3カ月前と比較しその時点での景気の良し悪し)を示す現状判断DI、2~3カ月先の見通しを示す先行き判断DIを、家計動向、企業動向、雇用などの部門別に発表します。DIの数値は50を横ばいとし、これを上回ると「景気は上向き」、下回ると「景気は下向き」と感じる人が多いことを示します。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ