株式・証券関連用語集

自己資本比率

自己資本比率とは、自己資本の総資産に対する割合のことを指します。この比率が高ければ企業経営の健全性が高いといえます。

自己資本は、企業が株主から資金調達したもので返済義務がありません。銀行等からの借り入れは他人資本(負債)となり返済義務があります。

また、他人資本は業績の良し悪しに関わらず、利息の支払いと元本の返済を契約どおりに行なわなければなりませんが、自己資本は業績が悪い場合は株主に対して配当金の支払いを見送ることが可能です。

したがって、自己資本比率が低いほど負債が大きいことになり、不安定な企業経営ということになります。反対に自己資本比率が高いほど安定した企業経営ということになり信用が高くなります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ