株式・証券関連用語集

EPS

EPSとは、1株当たり税引後利益のことです。当期純利益を発行済株式数で割ったものをいいます。

(EPS=当期純利益÷発行済株式数)

値が高いほどその企業の収益力が高いことを示します。EPSが上がる要素としては、純利益が増えること、発行済み株式数が減ることです。EPSを見れば、その企業の成長力がわかり、株価の上昇が期待できますが、株数が異なる他社と比べるのではなく、自社の対前年と比較します。自社株買いを定期的に行い、EPSの価値を高めている企業は、株主への利益還元を目的とした対策をしっかりと行なっていると判断できるので投資しがいのある企業と言えます。

注意点として、特別損益が計上されたり、自己株式の消却があると、EPSは指標としては機能しなくなります。

当コンテンツの情報に関してましては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。お客さまが情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供会社および金融商品取引所等は一切責任を負うものではありません。また、記載の情報を商業目的で利用することはもちろん、第三者への提供目的等で加工や再利用および再配信することを禁じます。

お客さまからのご意見・ご要望

初心者向け はじめてのFX・くりっく株365入門セミナー

画面操作をわかりやすく解説!数分でわかる動画コーナー

ページトップへ