マーケット

マーケット情報 2020/01/22 16:02(20分ディレイ)

日経平均
24,031.35+166.79
TOPIX
1,744.13+9.16
JPX日経400
15,608.92+91.67
マザーズ
886.04-0.20
JASDAQ指数
177.09+0.78

その他の情報はこちらからご覧いただけます。

株式市況


※画像クリックで拡大表示します

01月22日大引け+166.79円
「本日の日経平均は反発。24,000円台を回復」

日経平均株価「日中足」

日経平均株価24031.35円(前日比+166.79円)
TOPIX1744.12(前日比+9.15)
出来高概算10億180万株
売買代金概算1兆8,868億円

本日の日経平均は反発。 米主要3指数が揃って下落した流れを引き継ぎ、朝方の日経平均は小安い水準で取引を開始。ただ、寄り値近辺を安値とする形で下げ渋りプラス圏へ浮上した後は、アジア株の上昇などを支えに次第に買いの流れが優勢となった。後場に入り24,000円台を回復した後も、日経平均は利益確定売りをこなしながら底堅く推移した。大引けにかけても高値圏での推移が続き、結局166円高の24,031円で本日の取引を終えた。

東証33業種中、上昇したのは23業種、下落したのは10業種であった。上昇率1位はサービス業、2位化学、3位精密機器。下落率1位は鉱業、2位電気・ガス業、3位ゴム製品。日経平均採用銘柄の上昇率1位は長谷工、2位リクルートHD、3位アドバンテス。下落率1位は三菱自、2位塩野義薬、3位ヤマトHDであった。

物色面では、東エレクやアドバンテ、信越化など半導体関連株の上昇が目立ったほか、TDKや太陽誘電などの電子部品株も堅調に推移した。また、キユーピー、キッコーマン、アサヒなどの食品株、上昇が続く前田建をはじめ清水建、東急建設などの建設株が強含み、リクルートHD、ダイキンなど日経平均寄与度の高い銘柄が物色された。個別では、新型装置の受注・出荷開始を発表したオプトランが後場一段高となった。

半面、排ガス不正疑惑を受けた三菱自のほか、トヨタやマツダなどの自動車株が軟調に推移し、後場に三菱自の排ガス不正に関し、参考人として捜査を受けたことが伝わったデンソーも売りに押された。そのほか、住友鉱や三井金などの非鉄株、東電力HD、関西電などの電力株が弱含み、東芝子会社の架空取引への関与が報じられたネットワン、NSSOLが大幅に下落した。 値上がり銘柄数は1,286、値下がり銘柄数は758、変わらず115。

マーケットポイント

株式:チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

為替:投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
【経歴】
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
【経歴】
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)
2020年01月22日 16:20
やはり予断を以ての楽観は禁物なのか、台湾は武漢市との間での団体観光客の往来を一時禁止、北朝鮮は外国人観光客受け入れ停止、との報。武漢市の人口は約1000万人。ウイルス狂暴変異化や感染拡大関連報でのリスクオフ再燃要注意
2020年01月22日 12:38
後場は香港指数高や110円乗せの円安を好感して24000円台を回復。昨日過剰したものの見直し買いが入った。値上がり1484と拡大、値下がり541。
2020年01月22日 11:20
報道によるとMERS (中東呼吸症候群) 致死率30%程度、中国広東省発SARS (重症急性呼吸症候群) が10%程度。対して今般の中国武漢新型コロナウイルスは低いとの見解 (2%程度?) 楽観できないが過度な警戒低減か、続報注視
2020年01月22日 10:15
コロナウイルス拡大懸念に過度に反応するには至らないとの見方から日経平均は23,900円への戻りを見せ50円高へ上昇中。値上がり1318と増加、値下がり693を大きく上回ってきた。10:15現在、売買代金は5580億円。
2020年01月22日 9:26
本日はFXスワップ3倍デーで祝日絡みのオセアニア通貨4倍デー。クロス円投資妙味狙いもドル円次第か、上値焦点109.95-110.00-15。下値焦点は109.85-80-75。1/13夕刻の109.65-80上昇帯が支援
2020年01月22日 9:20
新型コロナウイルスの感染拡大懸念の強い中、日経平均は23,835円、29円安で始まり、小幅な続落にとどまった。押し目買いと戻り売りが交錯し値上がり912、値下がり1047。大幅値下がりを先取りした空売りの買い戻しが下値を支えている。
2020年01月22日 8:05
テクニカル面では下値支持線の5日線23,967円を下回り短期的な弱気の形状となり、25日線23,790円をも下抜けると24,000円台の重さを再確認する格好となる。Wトップの天井形成が意識されやすい。
2020年01月22日 8:03
日本株は米国株の反落に加え新型コロナウイルスの拡大懸念から売り先行となろう。大勢の人が移動する春節の連休中に感染が広がるとの思惑でアジアや欧州市場の株安は尾を引きそうだ。CMEは23,755円、105円安。
2020年01月22日 8:00
祝日明けのNYダウは中国で多発する新型肺炎の世界的な広がりを警戒して6日ぶりに反落。米国でも初の症例が見つかったことで一時201ドル下落した。終値は29,196.04、152.06ドル安。ナスダック指数は9370.81、18.14pt安。
2020年01月22日 7:59
NYドル円終値109.85、安値109.75。ダボス会議・トランプ米大統領による米景況自慢演説好感もFRBへの圧力継続姿勢が上伸性抑制。中国新型コロナウイルスが米シアトルでも感染者確認で米債利回り急落がドル円圧迫
2020年01月21日 16:46
ダボス会議にトランプ大統領が2年ぶりに参加する予定で、19時半から“国境を越えて”をテーマに演説。対中、対EU貿易やイランとの対立を巡る発言に注目か。不規則発言次第ではボラタイルな値動きも。時間帯を要注意。
2020年01月21日 14:36
黒田日銀総裁の会見焦点は一つ。「株価、企業収益増に応じて上がってきたので心配していない」。要は現金融政策の枠組み変更、修正の必要は今ない、ということ。コロナウイルス禍には、マスク・うがい・手洗いで自己防衛か・・。

岡三オンライン証券オリジナル 週間相場見通し

翌週の国内株式・為替の相場見通しについて、当社ストラテジストの見解をレポートにてご覧いただけます。

国内株式

伊藤嘉洋の週間株式相場見通し 1/20週号
外部環境改善を背景に24,000円固めの展開

今週は米中協議の進展期待に加え、110円台の円安水準に振れたことが追い風となり、日経平均は昨年12/17の高値24,091円を抜き、24,115円高値まで買い進まれる場面が・・・続きはこちら


  • バックナンバー

為替

武部力也の週間為替相場見通し 1/20週号
米半期為替報告書で読む「薄氷の円水準」

「中国が競争的な通貨の切り下げを控えると約束した」-。これは1/13のムニューシン米財務長官の発言だ。米財務省は半期為替報告書を通年4・10月に議会提出するが・・・続きはこちら


  • バックナンバー

株式ランキング

2020/01/22 16:02(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 1689 ガスETF 3 +50.00%
2 4558 J-中京医薬 302 +36.04%
3 3161 アゼアス 1,331 +23.93%

2020/01/22 16:02(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 6408 J-小倉クラッチ 6,350 -19.21%
2 7518 ネットワン 2,494 -15.03%
3 6837 J-京写 418 -10.68%
ページトップへ