マーケット

マーケット情報 2019/09/19 16:02(20分ディレイ)

日経平均
22,044.45+83.74
TOPIX
1,615.66+9.04
JPX日経400
14,443.55+78.18
マザーズ
848.29+3.07
JASDAQ指数
152.62+0.99

その他の情報はこちらからご覧いただけます。

株式市況


※画像クリックで拡大表示します

9月19日大引け+83.74円
「本日の日経平均は反発。円高ドル安を嫌気して上げ幅を縮小する展開」

日経平均株価「日中足」

日経平均株価22044.45円(前日比+83.74円)
TOPIX1615.65(前日比+9.03)
出来高概算13億3,314万株
売買代金概算2兆3,637億円

本日の日経平均は反発。 米FOMCでの追加利下げの決定を受けてNYダウが上昇したことなどを好感し、朝方の日経平均は買い優勢で取引をスタート。その後も堅調な推移が続いたものの、日銀が金融緩和の現状維持を発表し為替相場が円高ドル安方向に振れたことを嫌気して、上げ幅を縮小する展開となった。大引けにかけては、22,100円近辺での小動きが続き、結局83円高の22,044円で本日の取引を終えた。

東証33業種中、上昇したのは30業種、下落したのは3業種であった。上昇率1位は繊維製品、2位サービス業、3位電気・ガス業。下落率1位は輸送用機器、2位鉄鋼、3位機械。日経平均採用銘柄の上昇率1位は中外製、2位ソニーFH、3位キリンHD。下落率1位はSUMCO、2位大日住薬、3位楽天であった。

物色面では、リクルートHDやSMSなど人材関連株が堅調に推移し、テルモやアサヒインテックなど医療機器関連株も強い動きとなった。また、大成建や鹿島など建設株が買われたほか、関西電や東ガスなど公益株も強含んだ。個別では、20/3期上期の営業増益の観測報道を背景にSCSKやNSSOLが上昇し、外資系証券による投資判断の引き上げを受けてTISが反発した。

半面、安川電やSMCなど設備投資関連株が売られ、京セラや牧野フなど機械株、NTTドコモやソフトバンクなど通信株が冴えない動きとなった。個別では、液化天然ガスのプロジェクトを共同で手掛ける米企業の株価下落を受けて、千代建が8%安となった。 値上がり銘柄数は1,752、値下がり銘柄数は337、変わらず61。

マーケットポイント

株式:チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

為替:投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
【経歴】
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
【経歴】
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)
2019年09月19日 16:39
17時ノルウェー中銀は据え置きと利上げ予想拮抗、20時英中銀ではEU離脱期限が10/31に迫る中でのカーニー総裁の緩和志向程度焦点。スイス中銀・南ア中銀の市場予想は現状維持。21時米フィリー指数不調予想留意
2019年09月19日 15:50
黒田日銀総裁会見では「物価目標の向けたモメンタムは損なわれていない」「海外リスクが高まっているのは事実」「緩和の余地はFRBと比べれば少ない。しかしECBと比べれば日銀に余地ある」「まだ緩和余地は十分ある」
2019年09月19日 13:52
後場は現状維持を決めた日銀の金融会合後に円高に進んだため利益確定売りが先行し上げ幅を縮小。日経平均は昨日との窓22,027円埋めを完了。22,003円を付けた。ただその後は下げ渋り気味。値上がり1715、値下がり354。13:45現在、売買代金は1.47兆円。
2019年09月19日 12:26
日銀金融政策会合は現状維持で公表文に「より注意が必要な情勢になりつつある」との文言追加。追加緩和に備える姿勢を明確にするも失望円買い、戻り売りを強めている観で108.20-40回帰は難か。下値焦点は107.70、50
2019年09月19日 11:12
日銀会合前での調整感が強まったか時間外米10年債金利急変動やサプライズヘッドラインニュースが見られない中で短期投機筋や輸出企業群が円ショート縮小・ドル売り円買いをじわじわ持ち込んでいる、との一部市場指摘・・。
2019年09月19日 10:52
投資とは、https://t.co/IDf4tQcXSdだが、日銀黒田総裁が10月消費増税での投資意欲低減程度をどう見ているのかも本日は注視
2019年09月19日 10:21
日銀公表は正午を挟み早ければ無風、過ぎれば徐々に行動の可能性が高まるアノマーリー・・。ドル円上値焦点は108.50、80。下値焦点は108.20、10-05。9/17以降108円台維持だが107.70、50の堅調程度留意
2019年09月19日 10:15
先刻の株式番組出演で https://t.co/cx0MQY344c「モメンタム棄損が無いので日銀行動の大義希薄も10月増税を控え市場牽制程度はありそうだ」
2019年09月19日 9:46
相場は踏み上げの様相を強めてきた。二市場の売り残高は8/5時点の8631億円から1兆1000億円に増加。裁定売り残は8900億円から1兆6500億円に増加。一方外国人は8月4週から現・先合計で5516億円買い越した。明日発表の投資主体者売買動向が注視される。
2019年09月19日 9:23
日経平均は外部環境の改善を好感し22,064円で始まった後も上値追いとなり22,177円、217円高まで上昇。ただサイコロジカルライン10勝2敗や25日騰落レシオ126.18%など過熱感も強いだけに戻り待ち売りや利益確定売りに上昇一服となりやすい。値上がり1724、値下がり281。
2019年09月19日 8:04
テクニカル面では過熱指標が見られる中、上昇一服したが、高値圏での推移で上値を伸ばす可能性はある。22,000円抜けからの上値目処は4/24高値22,362円まで無い。22,000円固めから22,500円を目指す展開が期待される。
2019年09月19日 8:01
日本株は注目のFOMCを無難に通過した上、為替は108円半ばでの推移が支えとなり戻りを試す展開。CMEは21,910円、110円高。修正日経平均は22,070円となる。

岡三オンライン証券オリジナル 週間相場見通し

翌週の国内株式・為替の相場見通しについて、当社ストラテジストの見解をレポートにてご覧いただけます。

国内株式

伊藤嘉洋の週間株式相場見通し 9/16週号
200日線上抜けで上昇トレンド回帰は有望

今週は米中貿易協議の楽観的な見方の広がりや円安進行を好感して、日経平均は9日続伸から一時5/7以来22,000円台を回復した。8/2以来200日線を上抜けたことも投資家の・・・続きはこちら


  • バックナンバー

為替

武部力也の週間為替相場見通し 9/16週号
円が託す「9時間差」の日米金融政策局面

“景気刺激措置を講じることによって被害を抑制すべきか、あるいはこのやり方に同調することを拒否すべきか。健全な経済を究極的に目指すのであれば、FRBは後者の・・・続きはこちら


  • バックナンバー

株式ランキング

2019/09/19 16:02(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 2976 A-Nグランデ 1,337 +28.93%
2 8518 アジア投資 303 +22.67%
3 3071 ストリーム 106 +21.84%

2019/09/19 16:02(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 1689 ガスETF 3 -25.00%
2 3747 インタートレード 1,065 -21.98%
3 8256 J-プロルート 130 -13.91%
ページトップへ