【投資情報】マーケット|ネット証券会社なら岡三オンライン証券

マーケット

マーケット情報 2018/08/15 15:27(20分ディレイ)

日経平均
22,204.22-151.86
TOPIX
1,698.03-12.92
JPX日経400
15,026.32-105.50
マザーズ
955.14-19.87
JASDAQ指数
161.74-0.87

その他の情報はこちらからご覧いただけます。

株式市況


※画像クリックで拡大表示します

8月15日大引け-151.86円
「本日の日経平均は反落。中国株安などが嫌気されてじり安基調を辿ったものの、大引けにかけては下げ渋る展開」

日経平均株価「日中足」

日経平均株価22204.22円(前日比-151.86円)
TOPIX1698.03(前日比-12.92)
出来高概算12億4,476万株
売買代金概算2兆402億円

本日の日経平均は反落。 昨晩の米主要3指数が揃って反発したことから、朝方の日経平均は小幅ながら買い優勢で取引を開始した。ただ戻り待ちの売りが重しとなり、程なくしてマイナス圏に沈むと徐々に下値を切り下げる展開に。後場に入ると中国株安を嫌気して、一時22,100円割れ目前となったものの、大引けにかけては下げ渋り、結局151円安の22,204円で取引を終了した。

東証33業種中、上昇したのは5業種、下落したのは28業種であった。上昇率1位は海運業、2位電気・ガス業、3位水産・農林業。下落率1位はパルプ・紙、2位ガラス・土石製品、3位金属製品。日経平均採用銘柄の上昇率1位は川崎船、2位ヤマトHD、3位キッコマン。下落率1位は三井金、2位古河電工、3位東海カーボであった。

物色面では、銅価格の下落などを背景に住友鉱や三井金などの非鉄株の下落が目立ったほか、東海カやコマツ、良品計画などの中国関連株、SUMCOやフェローテックなどの半導体関連株がさえない動き。また、中国当局によるゲーム販売ライセンスの認可凍結が伝わり、任天堂やネクソン、カプコンなどのゲーム株が軒並み安となった。そのほか、サイバダインやMTGなどが急落し、マザーズ指数が年初来安値を更新。個別では、国内証券が投資判断を引き下げた古河電が5.5%安となった。

半面、スタートトゥやリクルートHD、オプティムなどのネット関連株の一角が逆行高となったほか、商船三井や川崎船などの海運株が強い。個別では、国内証券が投資判断を引き上げた大塚商がしっかりで、システナや日ユニシスなどのIT関連株がつれ高した。 値上がり銘柄数は422、値下がり銘柄数は1,618、変わらず64。

マーケットポイント

株式:チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

為替:投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
【経歴】
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
【経歴】
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)
2018年08月15日 14:08
トルコが乗用車、たばこなどの米国製品への関税を引き上げるとの報道や、中国株安につられ、先物の売り仕掛けから22,110円、246円安まで下落した。不透明な外部環境から市場参加者の様子見姿勢は強い。
2018年08月15日 12:58
後場は、昨日の大幅高の反動もあり買戻し、一巡後は中国株安もあり売り先行から下げ幅を広げている。22,177円、179円安。値上がり408、値下がり1,637と拡大。短期筋の先物に売り仕掛けが出ている模様。
2018年08月15日 10:08
200日線22,393円が上値意識され、利益確定売りに22,275円、81円安に抑えられた。中国株や為替睨みの動きとなりそうだ。先物の仕掛けへの警戒感は根強い。
2018年08月15日 9:46
米国株反発と円安が支えとなり、買い先行で始まったが、買い戻し中心で上値追いには慎重さがうかがえる。前日終値を挟んだ狭いレンジでのもみ合い商状。値上がり802、値下がり1150。業種別では海運、陸運、倉庫、運輸がしっかり。
2018年08月15日 8:10
テクニカル面では、8/10の窓埋め22,272円を埋めたが、2兆円の売買代金では戻り相場に一巡感が出やすい。短期的には25日線22,499円が上値意識される。この水準は戻り待ち売り圧力の強まりが想定されるだけに、売買エネルギーの拡大が求められる。
2018年08月15日 8:10
日本株は、トルコリラ安をきっかけに広がったリスク回避姿勢は一服しそうだ。ドル円相場は111円台前半とやや円安に傾いているが、昨日の大幅高で織り込んでいる面は強く、日経平均は終値を挟んでもみ合いの展開となろう。CMEは22,320円、変わらず。
2018年08月15日 8:10
トルコのエルドアン大統領は演説で国民に米国製品の不買運動を呼びかけ、対決姿勢を一段と強めた。対米関係の悪化など先行き不透明感は強まっており、当面トルコ情勢からは目を離せない。
2018年08月15日 8:10
NYダウはトルコリラの急落が一服したことを受けて5日ぶりに反発。欧米市場発で軟調だった金融株に買戻しが入り、ダウ平均の上昇を主導した。終値は25,299.92、112.22ドル高。ナスダック指数は51.19pt高。
2018年08月14日 13:47
テクニカル面では、8/10窓埋め22,272円を達成したことで、下値模索から一段安への警戒感は後退した。7/2に200日線を割って7/13に回復するパターンの再現となれば、日柄的には8/21頃22,500円回復となるのだが。
2018年08月14日 13:05
昨日の売り仕掛けの反動高で4日続落分805円の半値戻り水準を回復した。後場の高値は22,267円、409円高。先物買いに加え、信用取引の買戻しも重なっている。13:00現在売買代金は1.15兆円。
2018年08月14日 12:55
過度なリスク回避ムードは後退し、買い戻しから22,200円台を回復。上昇幅は350円に達した。値上がり1,636、値下がり394。ドル円相場は110円80銭台へ円高一服が材料視されている。昨日の窓22,272円が視野に入った。
2018年08月14日 11:17
日経平均は先物の買戻しからNT倍率は13.04倍に拡大。TOPIXの日足ははらみ足で気迷いを示している。サヤ寄せが懸念される水準に広がっただけに、TOPIXの踏ん張りどころであろう。

岡三オンライン証券オリジナル 週間相場見通し

翌週の国内株式・為替の相場見通しについて、当社ストラテジストの見解をレポートにてご覧いただけます。

国内株式

チャートはもち合い放れ接近を示唆

来週は日米通商協議の動向に関心が集まる。金融緩和策強化や円の軟調推移に対し批判姿勢を示すのか、対日貿易赤字削減の方向で協議が進展するのか、いずれにしてもドル円相場への影響を見守るムードは強まりそうだ。日経平均のレンジは上値は8/8高値22,800円が意識され、下値は7/12窓埋め22,233円が目処となろう。


  • バックナンバー

チャートはもち合い放れ接近を示唆

伊藤嘉洋の週間株式相場見通し 8/13週号PDF

三角もち合い形成で200日線維持が焦点

伊藤嘉洋の週間株式相場見通し 8/6週号PDF

為替

「トランプ判定」がドル高を抑制する局面

上値焦点は8/6-7-8高値圏111.45-49-53、8/3高値111.90。超えれば8/1高値112.16。下値焦点は7/26安値110.59、7/4-5安値110.275、200日線110.00近傍。割れると6/28安値109.95、6/27安値109.69、6/25-26安値109.35。各局面で日足一目均衡表雲の帯(109.735-111.27)が意識されると推考。


  • バックナンバー

「トランプ判定」がドル高を抑制する局面

武部力也の週間為替相場見通し 8/13週号PDF

緩和長期化表明で夏の円買い派をゾーッとさせる局面

武部力也の週間為替相場見通し 8/6週号PDF

株式ランキング

2018/08/15 15:27(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 5721 エス・サイエンス 99 +43.48%
2 1689 ガスETF 4 +33.33%
3 9820 J-MTジェネック 20,340 +24.48%

2018/08/15 15:27(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 3758 J-アエリア 934 -21.91%
2 6551 ツナグS 1,121 -21.11%
3 6545 M-IIF 1,511 -20.93%

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ