マーケット

マーケット情報 2017/12/12 14:52(20分ディレイ)

日経平均
22,846.60-92.13
TOPIX
1,812.02-1.32
JPX日経400
16,056.90-17.59
マザーズ
1,180.01+0.97
JASDAQ指数
172.82-0.50

その他の情報はこちらからご覧いただけます。


※画像クリックで拡大表示します

12月12日前引け 日経平均+5.48円
「前場の日経平均は小幅に4営業日続伸。前日終値を挟んで小幅な値動き」

日経平均株価「日中足」

日経平均株価22,944.21円(前日比+5.48円)
TOPIX1,818.44(前日比+5.1)
出来高概算7億9,425万株
売買代金概算1兆1,742億円

前場の日経平均は小幅に4営業日続伸。昨晩の米国株式市場で主要3指数は揃って上昇したものの、急ピッチな上昇による反動から朝方の日経平均は小幅なマイナスで取引を開始した。寄り付き後は、前日終値を挟んでもみ合った後は買い優勢となり日経平均は23,000円を伺う場面が見られた。その後、米FOMCを控え上値は重く22,900円台半ばでのもみ合いとなり、前引けにかけては小幅な値動きに終始し、結局、5円高の22,944円で前場の取引を終えている。

東証33業種中、上昇したのは23業種、下落したのは10業種であった。上昇率1位は鉱業、2位海運業、3位銀行業。下落率1位は水産・農林業、2位精密機器、3位情報・通信業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は東邦鉛、2位静岡銀、3位りそなHD。下落率1位は味の素、2位住友大阪、3位コナミHDであった。

物色面では、三菱UFJFGや三井住友FG、コンコルディアなどの銀行株、第一生命やT&DHDなどの保険株が堅調に推移している。また、WTI原油先物価格の上昇を受けて国際帝石や昭和シェルなどの石油関連株が強含み、住友商や三井物などの商社株がしっかりしている。個別では、国内証券による目標株価の引き上げを受けてビックカメラが7営業日続伸し、昨日引け後に発表した上方修正を好感しシーズHDがストップ高となっている。 半面、しまむらやアダストリアなどの小売株、武田や塩野義などの薬品株が軟調に推移している。また、東ソーや宇部興など化学株の一角が軟調に推移し、安川電やハーモニックなどのロボット関連株が弱含んでいる。個別では、国内証券による投資判断の引き下げを受けて味の素が反落し、昨日引け後に発表した公募増資実施を嫌気しサンフロンティアが急落している。 値上がり銘柄数は1,008、値下がり銘柄数は932、変わらず106。



2017年12月12日の予定

  • 米・連邦公開市場委員会(FOMC、1日目)
  • 米・30年国債入札(発行予定額:120億ドル)
  • 独・12月のZEW景況感指数
  • 企業物価指数(11月、日本銀行、予:前月比 +0.2%)
  • 5年利付国債(12月債)入札(財務省、発行予定額:2兆2,000億円程度
  • 新規株式公開-カチタスが東証一部に上場一家ダイニングプロジェクトが東証マザーズに上場

2017年12月12日の材料銘柄

銘柄コード 銘柄名 項目 コメント
6065 ライクキッズN 決算
動向
売上高84億円(前年同四半期比19%増)営業利益 4億円(同243%増)、
経常利益9億円(同250%増)
8909 シノケンG 企業
動向
17年12月期の年間配当を45円から50円に増額修正
8917 ファースト住建 決算
動向
売上高414億円(全事業年度比1%減)、営業利益43億円(同4%減)、
経常利益42億円(同4%減)、当期純利益29億円(同0.8%減)
9437 NTTドコモ 企業
動向
17年12月12日~18年1月15日に1億2千万株(3千億円)を上限に自己株式
の公開買い付けを実施
9960 東テク 企業
動向
12/18をもって東証2部から1部へ

次の一手 ~市場の話題とテーマ~

マーケットポイント

株式:チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

為替:投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
【経歴】
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
【経歴】
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)
2017年12月12日 13:29
シカゴFEDウオッチ米利上げ確率は87.6%。明日のFOMCで利上げ見送りなら大騒ぎとなる織り込み度合いでありイエレン会見待ちがドル円凪の言い訳大義名分。昨日急騰のNZドルは継続堅調も対円上値焦点は日足雲下限78.80
2017年12月12日 13:12
後場は日経平均だけが軟調な展開。FOMCを控え、結果を見極めたいムードは強く、利益確定売りが優先している。値下がり銘柄は1,089と値上がり銘柄859を上回ってきた。
2017年12月12日 12:00
<投資情報部>前場の日経平均は22,944円、5円高。前場の日経平均は小幅に4営業日続伸。昨晩の米国株が上昇したものの、小幅安で寄り付き、その後は前日終値を挟んで小幅な値動きに留まっている。。値上がり銘柄1,008、値下がりは932。売買代金は1.1兆円。
2017年12月12日 10:26
主力株の持ち直しから12/1高値22,994円にタッチした所で、利益確定売りに押し戻された。需給改善で、好材料が加われば一気に23,000円を抜く体制にある。
2017年12月12日 9:19
日経平均は主力株のまちまちな動きからCME値を挟みマイナス推移。一方、TOPIX・JPX日経400は個別物色が強まりプラス圏での動きとなり、明暗が分かれている。値上がり銘柄は1,064、値下がり銘柄は750。
2017年12月12日 9:08
些か不適切な見解かもしれないがNYテロ報でも感応度は鈍く逆に113円前半の堅調性を示された観。日足雲上限113.522留意での攻防、60分ボリンジャー±2σでの上下バンド113.29-622枠内で東京は推移か。
2017年12月12日 9:04
NYドル円終値113.55。22時過ぎにNYバスターミナルでの爆発テロ行為(手製爆弾で負傷者発生・犯人逮捕)報が伝わったがリスク感応度は低く安値113.23示現後は買戻しへ。米10年債応札倍率前回比減での金利上昇も支援
2017年12月12日 8:10
テクニカル面では5日、25日線のデッドクロスが回避され、安心感は強い。FOMCの結果待ちで基本的には足場固めの展開だが、ドル円相場や米長期金利の動向次第では一揆に23,000円抜けが期待される。
2017年12月12日 8:10
日本株は米国株の続伸や為替の落ち着きを手掛かりに底堅い展開となろう。23,000円を手前に戻り待ち売りをこなせるかがポイント。CMEは22,915円、25円高。
2017年12月12日 8:10
北海油田のパイプラインが原油漏れの影響で稼働停止となり、原油先物は58.04ドルと上昇。一方、FOMCで来年以降の引き締めペースを見極めたいとの思惑から金融株には警戒売りが出た。
2017年12月12日 8:09
NYダウはハイテク株やエネルギー株が買われ続伸。2日連続で史上最高値を更新した。終値は24,386.03、56.87ドル高。ナスダック指数は6,875.08、35.0PT高。アップルは1銘柄でNYダウを23ドル押し上げている。
2017年12月11日 16:57
RBNZ次期総裁に実務家のオア氏が決定されたことで労働党新政権がRBNZ施策に管理強化するとした不安も後退か。NZ円の上値焦点は日足雲下限78.84、200日線79.31、11/9高値79.47。下値焦点78.20

株式ランキング

2017/12/12 14:52(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 7886 J-ヤマト・インダ 232 +27.47%
2 6531 M-リファインバース 2,998 +20.02%
3 3913 M-sMedio 2,029 +19.07%

2017/12/12 14:52(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 8934 サンフロンティア 1,300 -15.64%
2 1675 パラジETF 9,420 -12.70%
3 4317 J-レイ 718 -11.58%

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ