マーケット

マーケット情報 2018/04/20 09:47(20分ディレイ)

日経平均
22,124.52-66.66
TOPIX
1,748.36-1.82
JPX日経400
15,457.39-29.75
マザーズ
1,135.42+9.81
JASDAQ指数
173.66+0.88

その他の情報はこちらからご覧いただけます。

株式市況


※画像クリックで拡大表示します

4月19日【今日の相場】ハイテク株安などを受け、6営業日ぶりに反落となろう

日経平均株価「日足」

NYダウ 24,664.89(前日比-83.18)
S&P500 2,693.13(前日比-15.51)
ナスダック 7,238.06(前日比-57.18)
英FT100 7,328.92(前日比+11.58)
独DAX 12,567.42(前日比-23.41)
日経225先物(円建て) 22,140.00(前日比-80)

<海外市場動向>
主要3指数は揃って下落。NYダウは続落、ナスダック は反落となった。朝方は一部企業の決算が失望を誘い、売り先行で取引を開始。寄り前の決算発表が嫌気された生活必需品セクターが下げを主導。さらに、 TSMCの決算を受け半導体関連株が売られ、フィラデルフィア半導体株指数が一時4.6%安となった。一方、原油先物価格が一時70ドルに迫り資源関連セ クターが物色され、NYダウはプラス圏に浮上する場面も。もっとも、今後本格化する決算シーズンを前に警戒ムードが強く、午後にかけてはじり安の展開と なった。NYダウの下げ幅が200ドル弱となる場面もみられたが、引けにかけては下げ幅を縮小し取引を終了した。

<日本株動向>
本日の日本株相場は、米主要3指数の下落、特にハイテク株が重しとなり、売り優勢で取引を開始しよう。日経平均は5営業日で530円上昇した反動で、短期的な戻り待ちの売りが意識されそう。売買一巡後は決算発表本格化を来週以降に控え、様子見ムードが強まりそうだ。

物色は昨日の反動でパーク24やテルモ、資生堂など内需株の底堅さが目立つ展開となりそうだ。景気敏感株のリバーサルの勢いは週末を控えて失速するとみるが、仮に予想外に下値の堅さが窺える場合は徐々に内需株の比率を減らす方向にシフトしていきたい。個別では業績観測が伝わったマルハニチロに注目。国内外の冷凍食品・魚介類需要を取り込む成長シナリオには期待が持てそうだ。関連として日水やアリアケジャパン、くら、スシローなどにも合わせて注目したい。またIPOのHEROZに絡みAI関連株に短期資金が流入する可能性もありそうだ。

当社情報ポータルサイト「株式投資情報局」(ログイン後)・「決算発表銘柄」で最新情報をあわせてご覧ください。

マーケットポイント

株式:チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

為替:投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
【経歴】
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
【経歴】
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-現在 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)
2018年04月20日 9:43
米国株安や5日続伸で利益確定売りが先行して22,076円まで下げ小甘い展開。ただ出遅れ銘柄を物色する流れから値上がり銘柄は1000銘柄超と多い。
2018年04月20日 08:52
本日はドル円ゴトー日(5・10)仲値の需給注視も先週金曜日水準とほぼ同じ。上値焦点は107.50、60、80。下値焦点は107.25-20-10、106.90。107.20(日足転換)、106.824(日足雲下限)留意
2018年04月20日 08:25
NYドル円終値107.34。追加関税措置導入から鉄鋼価格上昇に伴いフィリー連銀指数への影響も予想越え。NY原油は1バレル70ドル圏、米債利回りもフラット化に修正の動きか 2.93%への上昇もドル円は先週の水準近傍圏・・。
2018年04月20日 08:23
NYドル円終値107.34。追加関税措置導入から鉄鋼価格上昇に伴いフィリー連銀指数への影響も予想越え。NY原油は1バレル70ドル圏、米債利回りもフラット化に修正の動きか 2.93%への上昇もドル円は先週の水準近傍圏・・。
2018年04月20日 8:08
チャート面では75日線22,227円で上値を押さえられた上、上髭小陰線のローソク足出現で買い戻しに一巡感が出やすい。目先的には22,000円台の値固め局面と捉えられ、75日線と22,000円とのレンジ相場が想定される。
2018年04月20日 7:59
日本株は日米首脳会談を無難に通過したことや為替の落ち着きから一気に22,000円を上抜けたが、上昇ピッチの速さに対する警戒感もあり、上昇一服になりやすい。CMEは22,140円、60円安。下値固めの展開となろう。
2018年04月20日 7:55
チャート面でのMYダウは下降中の75日線24,977ドル手前で抑えられた。4/2安値から4/17高値まで1500ドル超上昇しただけに一旦利益確定売りが出やすい。決算発表は期待が高くなっており、多少予想を上回っても市場は反応薄となっている。
2018年04月20日 7:49
NYダウは世界のスマートフォン需要が弱含んでいるとの見方からアップル株等半導体関連株が売られたほか、P&G、フィリップモリスなど日用品株が利益確定売りに押され続落。終値は24,664.89、83.18ドル安。ナスダック指数は7,238.06、57.18pt安。
2018年04月19日 17:50
ドル円は明確な方向性に希薄の観。インフレ圧力が低下したポンドが対ドル、対円への動意材料となるか留意。21時半の4月フィリー指数は鉄鋼・アルミニウムの輸入追加関税措置の導入が影響しているのかが話題。
2018年04月19日 16:15
東京ドル円は日米通商問題での対立の溝が深まれば円高、とした警戒も日米共同声明が終わってみれば北朝鮮問題での協力体制が確認出来ての円売り安心感に。もっとも、通商問題先送りの感から値幅は107.35-50圏と極めてタイト
2018年04月19日 10:57
NT倍率が拡大している。3/26安値時は12.42倍が足元では12.68倍。TOPIXは75日線1,775に対し、1,757と上昇一服気味。日経平均は海外勢による先物主導で上昇しており、やや上昇ピッチの早さが指摘される。
2018年04月19日 10:26
日米首脳会談無難に通過したことで安心感が広がった。現在5日続伸で75日線22,229円を上抜き、2/27高値22,502円や2/5窓埋め22,659円をも射程に入れた。

株式ランキング

2018/04/20 09:47(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 1689 ガスETF 4 +33.33%
2 6656 INSPEC 1,190 +18.88%
3 9909 J-愛光電気 1,929 +13.27%

2018/04/20 09:47(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 6999 KOA 2,108 -13.82%
2 9318 アジア開発キャピタル 11 -8.33%
3 7578 J-ニチリョク 1,400 -7.90%

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ