マーケット

マーケット情報 2018/11/16 16:02(20分ディレイ)

日経平均
21,680.34-123.28
TOPIX
1,629.30-9.67
JPX日経400
14,427.81-79.06
マザーズ
948.32-8.51
JASDAQ指数
152.07-1.33

その他の情報はこちらからご覧いただけます。

株式市況


※画像クリックで拡大表示します

11月16日大引け-123.28円
「本日の日経平均は続落。下値を切り下げる軟調な展開」

日経平均株価「日中足」

日経平均株価21680.34円(前日比-123.28円)
TOPIX1629.3(前日比-9.67)
出来高概算14億2,466万株
売買代金概算2兆5,593億円

本日の日経平均は続落。 昨晩の米国株の上昇を受け、朝方の日経平均は買い優勢で取引を開始。時間外で米半導体関連株が急落したことを受け、まもなくマイナス圏に沈んだ。後場寄りでは日銀によるETFの買い観測などが支えとなり下げ渋る場面が見られたものの、米中貿易問題を見極めたいとの動きから、積極的な買いは続かなかった。結局123円安の21,680円と本日の安値圏で取引を終えた。

東証33業種中、上昇したのは9業種、下落したのは24業種であった。上昇率1位は鉱業、2位陸運業、3位保険業。下落率1位はその他製品、2位パルプ・紙、3位金属製品。日経平均採用銘柄の上昇率1位は大日住薬、2位国際帝石、3位中外製。下落率1位は昭電工、2位SUMCO、3位東海カーボであった。

物色面では、米半導体製造装置大手の業績見通しが嫌気され、アドバンテやスクリンなどが売られたほか、黒鉛電極を手掛ける東海カや昭電工などが大幅安となった。また、オークマやツガミなど工作機械株も弱含んだ。個別では、米エヌビディアの弱い業績見通しを受け、「ニンテンドースイッチ」の需要鈍化が懸念された任天堂が年初来安値を更新し、保有株の価値減少が嫌気されたソフトバンクGが軟調に推移した。

半面、来週月曜日に決算を控える東京海上やSOMPOHDなど損保株が買われたほか、JR東日本や京王など鉄道株が総じて堅調。また、WTI原油先物価格の続伸を受け、国際帝石や石油資源なども強含んだ。個別では、国内証券の投資判断引き上げを背景に太平洋セメが3営業日続伸したほか、10月の好調な月次売上が好感されマツモトキヨシが大幅反発した。 値上がり銘柄数は607、値下がり銘柄数は1,442、変わらず63。

マーケットポイント

株式:チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

為替:投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
【経歴】
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
【経歴】
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)
2018年11月16日 16:40
本筋は23:15の10月米鉱工業生産で5ヶ月連続での上昇有無と米半導体銘柄エヌビディア急落での米株反応。そして主役は英EU離脱でのメイ政権・英議会の行方が観測報等で何時ポンドが奔るか。対円焦点は日足雲下限144.82
2018年11月16日 13:17
一部報で11/25・EU首脳臨時会合開催の可能性とし英離脱での不測事態協議の見通し。閣僚3人が辞任しメイ首相の保守党では不信任決議動議の観測も。2016/6/24ブリグジット時のポンド円は約25円幅、ドル円は約8円幅下落
2018年11月16日 11:01
日経平均は小口の売りにジリ貧状態。押し目買いは見られるものの上値追いの主体者は限られる。21,700円のPERは12.2倍で割安感があるだけに短期筋の仕掛け売りも見られない。値上がり516、値下がり1506。
2018年11月16日 10:42
先刻のラジオ(https://t.co/3WsK02o1Et) 出演で「英EU離脱での合意無き終焉懸念からポンドの最大リスクも取り沙汰され始めた。年末ドル需給も加担している模様」
2018年11月16日 09:35
ストップ下押しも113円台維持、半ばへ押し返し後の週末ドル円上値焦点は113.70-75超、113.95からの下落帯回帰。下値焦点は113.35-45上昇帯維持。60分ボリ中心線~2σ枠指針では113.45-70レンジ
2018年11月16日 9:28
マイナス圏に沈む場面があったが、押し目買いにプラス転換。米国株は急反発したが、国内材料に乏しく月末の米中首脳会談の結果を見るまでは積極的には動きずらいのであろう。値上がり1134、値下がり783。下値固めの展開は続きそうだ。
2018年11月16日 08:03
NY関係者も市場別に温度差があり為替関係者は合意無きEU離脱でのポンド最大リスク想定で俄か英議会解説者へ。株式関係者は「英議会」より「ネジレ米議会」での具体的トランプ求心力低下に興味。共通していたのは「NY、初雪だよ」
2018年11月16日 8:02
テクニカル面では下底固めの局面。寄り後に下げ渋ったものの5日、25日線に上値を抑えられ、上値圧迫感が意識された。22,000円の節目を上抜け維持できるかが試される。下値は21,600円付近が下値支持線として機能している。
2018年11月16日 7:59
東京市場は米国株の反発を受け22,000円台の戻りを試す展開。CMEは21,935円、115円高。第2週の外国人動向は現物先物合計で2,440億円買い越し。買い戻し転換の兆しがうかがえる。チャートは煮詰まり感が出ており、放れ足が発生しやすい状況。
2018年11月16日 07:58
NYドル円安値113.085、終値113.635。ポンドは対主要通貨で高安値幅を拡げ前日終値比全面安。EU離脱協定を閣議了承、とされたもののメイ政権の重要閣僚陣の相次ぐ辞任が警戒度を高め、ドル円はストップ売り仕掛け誘発
2018年11月16日 7:55
大手百貨店の決算内容が嫌気されて小売株が売られたほか、英国のEU離脱に対し、英閣僚が相次ぎ辞任し政局混迷への不安が広がりNYダウは一時24,787ドル、297ドル安まで売り込まれた。節目の25,000ドルを維持し、安心感は広がっている。
2018年11月16日 7:51
NYダウは米中貿易摩擦の解消期待が高まり5日ぶりに反発。終値は25,289.27、208.77ドル高。ナスダック指数は7,259.03、122.64pt高。ライトハイザーUSTR代表が対中貿易制裁のさらなる措置を「既に保留」したとの報道で歩み寄りへの期待が高まっている。

岡三オンライン証券オリジナル 週間相場見通し

翌週の国内株式・為替の相場見通しについて、当社ストラテジストの見解をレポートにてご覧いただけます。

国内株式

値固めから自律反発を窺う局面

来週は月末の米中首脳会談の結果待ちムードが強まる中、米国株や為替相場の動向を睨み、値固めから自律反発を窺う局面と捉えている。日経平均のレンジは上値は25日線22,030円が意識され、下値は節目の21,500円が目処となろう。


  • バックナンバー

値固めから自律反発を窺う局面

伊藤嘉洋の週間株式相場見通し 11/19週号

上値抵抗線を目指す展開

伊藤嘉洋の週間株式相場見通し 11/12週号

為替

「AB包囲網」による円安抑制に警戒する局面

上値焦点は11/14高値114.025、11/12-13高値圏114.16-21、10/3-4高値圏114.55-56、昨年11/6高値114.75。下値焦点は11/15安値113.085、11/7安値112.935、11/2安値112.55、10/30安値112.30。日足雲帯(上下限112.162-112.955)が緩やか支援。


  • バックナンバー

「AB包囲網」による円安抑制に警戒する局面

武部力也の週間為替相場見通し 11/19週号

「1ドル115円シナリオ」を脅かすトランプ政権先鋭化

武部力也の週間為替相場見通し 11/12週号

株式ランキング

2018/11/16 16:02(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 8143 ラピーヌ 1,300 +23.81%
2 3528 プロスペクト 29 +20.83%
3 6025 C-日本PCサービス 2,554 +18.79%

2018/11/16 16:02(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 3276 日本管理 949 -24.02%
2 2928 A-RIZAP G 265 -23.19%
3 4650 J-SDエンター 458 -17.48%

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ