マーケット

マーケット情報 2020/09/22 12:47(20分ディレイ)

日経平均
23,360.30+40.93
TOPIX
1,646.42+8.02
JPX日経400
14,795.87+61.38
マザーズ
1,183.98+5.98
JASDAQ指数
170.74+1.04

その他の情報はこちらからご覧いただけます。

株式市況


※画像クリックで拡大表示します

9月18日大引け+40.93円
「本日の日経平均は小反発。方向感の乏しい展開」

日経平均株価「日中足」

日経平均株価23360.3円(前日比+40.93円)
TOPIX1646.42(前日比+8.02)
出来高概算14億9,974万株
売買代金概算2兆7,151億円

本日の日経平均は小反発。 菅新政権への支持率の高さから規制改革への期待が広がり、朝方の日経平均は反発してスタート。買い一巡後はドル円での円高進行が重しとなり上げ幅を縮小、一時マイナス圏に沈む場面がみられた。その後は下値を売り込む動きも限定的で前日終値を挟んだもみ合いに。後場に入ると、4連休を控え様子見ムードが強まり、結局40円高の23,360円で本日の取引を終えた。

東証33業種中、上昇したのは24業種、下落したのは9業種であった。上昇率1位はパルプ・紙、2位海運業、3位その他製品。下落率1位は情報・通信業、2位ゴム製品、3位証券・商品先物取引業。日経平均採用銘柄の上昇率1位はNTTデータ、2位いすゞ自、3位富士通。下落率1位はKDDI、2位第一三共、3位コニカミノルタであった。

物色面では政策関連が賑わった。「デジタル庁」新設の具体的内容が伝わりNECや富士通などのITサービス関連株が高く、デジアーツやHENNGEなどのセキュリティ関連株も買われた。また、ソニーや任天堂などのゲーム関連株も強く、「GoToトラベル」東京発着の予約開始を好感しエイチ・アイエスなどの観光関連株も物色された。個別では、新施設が営業を開始すると発表したOLCが反発し、外国証券が投資判断を引き上げたデンソーが堅調。

半面、ナスダック下落を嫌気し、ソフトバンクGが売られ、レーザーテクやアルプスアルなどハイテク株の一角が軟調。また、菅首相による携帯料金引き下げ指示が伝わり、KDDIなどの通信株が弱く、NTTドコモが年初来安値を更新した。個別では、任天堂向け「モンハン」発売を発表したカプコンが材料出尽くしで売られたほか、国内証券が投資判断を引き下げたファンケルが安い。 値上がり銘柄数は1,600、値下がり銘柄数は488、変わらず88。

マーケットポイント

2020年09月18日 16:27
https://t.co/yXVAQhr1dN  本来は当日限りのドル円・日経225指数のストラテジですが今回は来週初もイメージして考察
2020年09月18日 15:31
23時の9月米ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は2カ月連続上昇予想。23時以降、FRB各地区連銀総裁の講演会予定もFOMCゼロ金利の継続性と年月言及ならパウエル発言焼き直しの観。対ポンド・ユーロでのドルぶれが主役か
2020年09月18日 14:33
23,500円を挟んで膠着感が強まっている。円相場は104円台後半で推移しており安心感につながっている。新規材料が出るまで値固めの展開となろう。値上がりは1,558と多く、値下がりは527。
2020年09月18日 13:40
内外政治が相場を突き動かしており昨夜は田村厚労相が不妊治療助成金増額を明言、朝はNZ財務相が「NZ準備銀は2021年まで政策金利を0.25%にコミット」、正午前は菅首相が携帯電話料金引き下げの結論を出すよう指示、の報
2020年09月18日 13:32
永田町関係者によると菅総理のコロナ対策最優先、政治空白は不信を買う、で解散総選挙ムードは表面的には下火、との観も、一方で支持率ご祝儀中に打って出る、の声も多数との事。間違いないのは衆院議員任期満了が来年10/21
2020年09月18日 13:17
10:03頃からのラジオ出演で https://t.co/e7cQ0vHG0u 「7/31の1ドル104円前半での当局牽制局面を市場は意識か。更なる下押しに躊躇感も」
2020年09月18日 13:09
後場は様子見気分の強い中、23,300円前半でのもみ合い状態。チャートは下値切り上げトレンドを維持しており、押し目狙いの買い意欲は強い。5日線23,427円と25日線23,203円との狭いレンジの動きは続きそうだ。13:00現在売買代金は1兆1,730億円。
2020年09月18日 10:55
日経平均は安値23,290円、29円安と23,300円を割り込んだ。戻ろの鈍さもあり小口の先物売りに押された。為替の落ち着きは支えだが、週末のポジション調整が早めに出ているようだ。値上がり1,363、値下がり705。10:45現在売買代金は7,669憶円。
2020年09月18日 9:31
日経平均は23,321円、1円高で始まった後、押し目買いが強まり23,398円、79円高を付けた。値上がり1,505、値下がり530。マザーズ指数も反発地合い
2020年09月18日 09:03
4連休前の東京ドル円は仲値需給注視で7月下旬以来の円高水準からドル買い意欲程度が鍵。上値焦点は105.05-104.85下落帯。下値焦点は104.60-55-40。7/31の岡村財務官牽制想起で104円前半下押し慎重か・
2020年09月18日 08:41
南ア中銀は据え置きにより7月CPI比での実質のマイナス金利を回避した格好で南アランド円は急騰しての5日連続陽線。今後の上値焦点は7/23-24高値6.535-55、200日線の6.5522。
2020年09月18日 08:35
21時半8月住宅着工数は予想以下、新規失業保険申請件数は増、9月フィリー指数は予想一致とまだら結果も発表前から低下傾向の米10年債金利が9/4以来の0.64%台に22時頃突入しドル円圧迫もその後は反転してドル円誘引

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)

講師
伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。 その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

武部 力也(たけべ りきや)

講師
武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

プロフィール

力也のFX道場

武部 力也(たけべ りきや)
武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
■ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンライン証券オリジナル 週間相場見通し

翌週の国内株式・為替の相場見通しについて、当社ストラテジストの見解をレポートにてご覧いただけます。

株式ランキング

2020/09/22 12:47(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 2459 アウン 282 +39.60%
2 9360 鈴与シンワ 1,610 +22.81%
3 3936 M-グローバルウェイ 1,715 +21.20%

2020/09/22 12:47(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 7612 J-Nuts 4 -33.33%
2 4393 M-バンクオブイノベ 3,910 -15.18%
3 4380 M-Mマート 1,267 -14.57%
ページトップへ