マーケット

マーケット情報 2019/11/19 12:32(20分ディレイ)

日経平均
23,329.94-86.82
TOPIX
1,697.48-3.24
JPX日経400
15,147.54-27.03
マザーズ
871.76+2.79
JASDAQ指数
164.07+0.30

その他の情報はこちらからご覧いただけます。

株式市況


※画像クリックで拡大表示します

11月19日前引け-32.62円
「前場の日経平均は3営業日ぶりに反落。堅調な中国株などを追い風に下げ渋る展開」

日経平均株価「日中足」

日経平均株価23384.14円(前日比-32.62円)
TOPIX1700.22(前日比-0.5)
出来高概算6億1,840万株
売買代金概算9,242億円

前場の日経平均は3営業日ぶりに反落。 米中協議の合意に対する期待感がやや後退し、朝方の日経平均は売り優勢で取引をスタート。円高ドル安基調なども重しとなり、その後も下げ幅を拡大した。もっとも、売り一巡後は中国株高などを追い風に下げ渋る展開となった。前引けにかけては23,300円台半ばでの小動きが続き、結局32円安の23,384円で前場の取引を終えている。

東証33業種中、上昇したのは14業種、下落したのは19業種であった。上昇率1位は医薬品、2位不動産業、3位サービス業。下落率1位は非鉄金属、2位ゴム製品、3位鉱業。日経平均採用銘柄の上昇率1位は大日住薬、2位協和キリン、3位エーザイ。下落率1位はZホールディングス、2位太陽誘電、3位フジクラであった。

物色面では、米中協議に対する警戒感から安川電やファナックなどの設備投資関連株、トヨタやホンダなどの自動車株を中心とする外需セクターが安い。また、大成建や鹿島などの建設株も下落している。個別では、前日夕方の統合会見の内容が物足りないとの見方からZHDが急落しているほか、国内証券が投資判断を引き下げた太陽誘電も売りが優勢となっている。

半面、内需セクターは堅調。三井不や東建物などの不動産株が買われているほか、パーソルHDやリクルートHDなどの人材関連株も高い。また、京王やJR西日本などの電鉄株も上昇している。個別では、三菱ケミHDによるTOBの発表を受けて田辺三菱がストップ高買い気配となっているほか、国内証券が投資判断を引き上げたペプチドも大幅高となっている。 値上がり銘柄数は974、値下がり銘柄数は1,070、変わらず105。

マーケットポイント

株式:チーフストラテジスト 伊藤嘉洋 プロフィール

為替:投資情報部長 兼 シニアストラテジスト 武部力也 プロフィール

プロフィール

伊藤 嘉洋(いとう よしひろ)
岡三オンライン証券(株) チーフストラテジスト
【経歴】
1962年
岡三証券入社。株式部市場課において株式売買を主とする場立ちからスタート。株式市場の熱気を肌で感じる。
1990年
岡三証券株式部長。講演会の講師を務め、相場見通しや注目銘柄を解説して歩き、約9年間も株式部長を務める。
その後、1999年から岡三投資顧問常務取締役、2008年から岡三アセットマネジメント上席ストラテジストを歴任。
2010年
岡三オンライン証券チーフストラテジストに就任。株式相場のストラテジーを日々解説し、新聞等に何度も取り上げられる。豊富な経験に裏付けられた的確かつ鋭いコメントは、多くの投資家および市場関係者から高く評価されており、マーケット界のカリスマ的存在である。

プロフィール

武部 力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株) 投資情報部長 兼 シニアストラテジスト
【経歴】
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年-2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年-2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)
【趣味】
剣道、映画鑑賞。
【活動】
  • ラジオNIKKEI 「マーケットプレス」
    日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
    東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」ほか、日経CNBC等に定期出演、
    金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
  • 公式ブログ「力也のFX道場」
  • 公式動画「株と為替の売買シナリオ」
【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)
2019年11月19日 11:17
ローソク足は陽線はらみ足で方向感を探る展開。高値警戒感から利益確定売りに押される一方、個別銘柄の押し目買いは強い。値上がり887、値下がり1146。レンジ相場を抜けるには刺激材料が欲しいところ。
2019年11月19日 9:45
豪準備銀行(RBA)議事要旨「必要なら緩和を行う用意」「11月会合で利下げも検討」で次回12/3会合警戒として豪ドル円73.85割れ73.75-70圏へ。下落帯を仰ぎ73.70、65、35で押し目買い意欲程度が探られそう
2019年11月19日 9:27
9:30に豪準備銀議事録。11/15は0.75%据え置きも 6、7、10月は利下げでロウ総裁は消費・住宅市況から更なる緩和姿勢を伺わせており注視。豪ドル円下値焦点73.85、上値焦点74.30
2019年11月19日 9:20
米中合意悲観観測に加え共和党のマコネル上院院内総務は、トランプ大統領が香港情勢について発言し、米国が勇敢な男女を支持していることを世界に示す必要があるとコメント・・。示した場合は中国側の反発、更なる交渉暗礁も想定
2019年11月19日 9:00
1.85%維持だった米10年債金利は“中国は対米通商合意に悲観的”の観測で一時、1.80%割れでドル円圧迫。当面は109.00-108.80下落帯回帰が解題。上値焦点は108.80、下値焦点は108.50-40-25
2019年11月19日 8:30
NYドル円終値108.685。22時過ぎにCNBC記者がツイッターで中国は対米通商合意に悲観的の観測を投稿し109円台から急落。米大統領とFRB議長が「マイナス金利も協議」との会談話題。総選挙保守党優勢報でポンド全面高
2019年11月19日 7:57
昨日のローソク足は5日線23,340円を上回った上、陽線坊主となった。上昇期待の強い形状で11/8に付けた23,591円を目指す展開が期待される。
2019年11月19日 7:55
日本株は堅調な米国株や為替相場の落ち着きを背景に個別物色意欲は高まりそうだ。米中通商交渉は続いているものの具体的な合意に向けた話が出ないうちは上値は追いにくい。CMEは23,395円、5円安。
2019年11月19日 7:47
中国通信大手ファーウエイに対する米国製品の禁輸措置の猶予期間を再び90日間延長することが好感されている。市場では通商問題が明確になるまで過剰な上値を追いたくない為、慎重姿勢がうかがえる。
2019年11月19日 7:44
NYダウは米中通商協議をめぐりまちまちなニュースが流れる中、進展期待が勝り、小幅続伸。2日続けて史上最高値を更新した。終値は28,036.22、31.33ドル高。ナスダック指数は8549.94、9.11pt高。
2019年11月18日 17:30
特段の材料が見い出せないがクドローNEC委員長・ロス商務長官の米中協議の前向き見解持続や米政府のファーウェイ制裁措置の一部猶予報などがアジア株高から米株高、としてリスク選好ムードを繋げるなら1ドル109円台乗せも視野か
2019年11月18日 13:48
後場は手掛り難の中、個別物色中心の動きが続いている。日経平均は5日線23,329円を下支えに底堅い。値上がり976、値下がり1070と売り買いは交錯。ソフトバンクグループが上昇、銀行、証券は冴えない展開。

岡三オンライン証券オリジナル 週間相場見通し

翌週の国内株式・為替の相場見通しについて、当社ストラテジストの見解をレポートにてご覧いただけます。

国内株式

伊藤嘉洋の週間株式相場見通し 11/18週号
上昇相場における踊り場形成局面

今週は堅調な米国株や円相場の下落基調を背景に、日経平均は2018年10/10以来約1年1ヶ月ぶりに終値で年初来高値23,520円を付けた。その後、米中通商協議で米中両国が署名を目指す「第1段階」の合意を・・・続きはこちら


  • バックナンバー

為替

武部力也の週間為替相場見通し 11/18週号
「香港情勢」をドル円が睨む局面

「We are actively competing with nations who openly cut interest rates(我々は堂々と金利を引き下げる国々と激しい競争をしています)」-。これは11/12のトランプ大統領発言だ。米経済の・・・続きはこちら


  • バックナンバー

株式ランキング

2019/11/19 12:32(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値上がり率
1 3358 J-ワイエスフード 308 +23.70%
2 6901 澤藤電 2,128 +23.15%
3 9424 日本通信 245 +23.12%

2019/11/19 12:32(20分ディレイ)

順位 銘柄コード 銘柄名 現在値 値下がり率
1 1689 ガスETF 2 -33.33%
2 3323 J-レカム 140 -12.50%
3 3849 A-NTL 2,091 -11.21%
ページトップへ