【業界図鑑】サービス業界 ~ 進歩が著しいネット広告

2019年08月28日
岡三オンライン証券株式会社

【業界図鑑】サービス業界 ~ 進歩が著しいネット広告

Googleであるワードで検索すると、それに関する広告がFacebookですぐに出てくることに気持ち悪さを感じる人は多いはずだ。しかし、仕事で使っている人は特に、GoogleもFacebookも使わざるを得なくなっている。プライバシー設定で検索や閲覧履歴を使われないようにすることは可能だが、デバイスやアプリごとに設定しなければならない。アカウントベースでデータが取られているため、ユーザーが完全にコントロールするのは不可能に近い。こうした検索連動型広告に加え、インターネット広告には様々なタイプが存在する。

1. インターネット利用時間は増加傾向

総務省の情報通信白書によれば、依然として全年代でテレビ(リアルタイム)視聴の平均利用時間は長く、行為者率も高い。しかし、ネット利用が追い上げている。特に平日の行為者率については、全世代平均でテレビ80.8%、ネット78.0%と、両者の数値が並びつつある。10代~20代の世代のテレビ離れが鮮明であり、視聴率を確保しなければならないテレビ局としては、ターゲットを高齢化せざるを得ないだろう。

<主なメディアの利用時間と行為者率>

出所:「平成30年版 情報通信白書」(総務省)

2. テレビCMからWebへ誘導する広告

また、若年層ほど「ながら視聴」をする傾向がある。10代~20代の世代は、ゴールデンタイムのテレビ視聴におけるネットのながら視聴の割合が40%超と高い。テレビCMから気になったものをWeb検索するという導線に注目した広告も増えている。
50代~60代の世代においても、スマートフォンを持つ人が増えており、PCの前に座らずにWeb検索する人がより一層増えていくと見られる。元々テレビ視聴時間が長いため、テレビからWebへ誘導するタイプの広告はポテンシャルが高いと言えるだろう。

3. 進化するネット広告

新聞、雑誌、ラジオ、テレビのマスコミ四媒体広告市場は縮小傾向にある中、ネット広告市場は成長している。日本のインターネット人口普及率には頭打ち感が出ているが、ポテンシャルは高い。理由は、様々なタイプの広告が存在するからである。20年前はバナー広告のような「枠売り型」しかなかった。2000年台には検索連動型広告、コンテンツ連動型広告 (Webサイト内容に連動) といった「運用型」が普及。2010年台に入ると、行動ターゲティング広告 (クッキーから個人的嗜好を分析) が当たり前のように使われている。「アドネットワーク」と呼ばれる、一つの広告を複数のWebサイトに配信するネットワークがベースとなっている。さらに広告枠が一元管理され、オープン市場で高速取引される「アドエクスチェンジ」が進化している。これにより、広告出稿者はフォーマットや課金を気にせず、効果的に広告を出すことが可能になるため、利用者も増えると見られる。

<ネット広告関連企業のマッピング>

出所:岡三オンライン証券-企業分析ナビ

4. ネット広告関連銘柄

コード 銘柄名 概要 終値
(8/28)
注文画面
2389オプトホールディングネット広告専業代理店。業界第2位。不動産、金融分野を得意とする。電通との資本提携を解消。1,506
4293セプテーニ・ホールディングスネット広告代理大手。運用型広告でAIを導入。電通が19.3%出資。313
4751サイバーエージェントネット広告代理業から出発し、ゲームやネットテレビも展開。業界首位。4,680
4784GMOアドパートナーズネット広告代理業を柱とする。アドテク事業にも注力。405
6045レントラックスネット成果報酬型広告を展開。エステ、健康食品、不動産分野を得意とする。東南アジアやスリランカでの事業を強化。500

著者プロフィール

増井 麻里子(ますい まりこ)氏

株式会社Good Team 代表取締役社長

証券会社、ヘッジファンドを経て、米系格付会社・ムーディーズでは多業界に亘る大手事業会社の信用力分析、政府系金融・国際協力銀行(JBIC)では国際経済の調査を担当。

経済アナリストとして独立し、主に投資家向けのアドバイザリー業務を実施。

2017年6月、株式会社Good Teamの代表取締役社長に就任。

主な執筆・出演に週刊エコノミスト、国際金融、時事速報、Bloombergセミナー、日経CNBCなどがある。

メルマガ「5 分でチェック!世界の経済指標の読み方」(毎週3回程度)配信中。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客さまご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
ページトップへ