【業界図鑑】サービス業界 ~ 新規顧客開拓とハイテク化で復活した競馬ビジネス

2019年12月18日
岡三オンライン証券株式会社

【業界図鑑】サービス業界 ~ 新規顧客開拓とハイテク化で復活した競馬ビジネス

2012年8月に収益悪化により休止した姫路公園競馬場 (以下、姫路競馬場) が、2020年1月15日、約7年半ぶりに再開する。運営は兵庫県競馬組合で、兵庫県と姫路市、尼崎市で構成される。地域密着型の競馬場として期待されている姫路競馬場は、どのような形で生まれ変わったのだろうか?

1. リゾート化、テーマパーク化する競馬場

姫路競馬場スタンドは、レース再開に先駆けて、今年4月、グランドオープンしている。船場川の洪水を防ぐ調節池をコースの内側に設置し、耐震化も進め、3月に工事が完了した。4階には卓球台16台がずらりと並び、ダンスやヨガができるスタジオが2部屋ある。こうした施設はレース開催日も利用可能であり、空きスペースの活用だけでなく、新たな競馬ファン獲得も狙っていると見られる。観覧席も、馬主席、エクセルシート、スペシャルシートはもちろん、グループ席もあり、女性や子供と一緒に楽しめるように工夫されている。

2. 日本中央競馬会の動向

1954年に設立された日本中央競馬会は、政府が資本金の全額を出資する特殊法人であり、農林水産省の外郭団体となっている。1987年からJRAという略称で呼ばれるようになった。1990年代までの客層は、中高年男性だった。しかし、2000年に入ると、人気の芸能人をモデルにした広告や、タレント性のある騎手の登場により、女性ファンが増加。これまで数度、競馬ブームは起こっているが、ここ数年においても売得金額、総参加人員は増加傾向にある。馬券の売上高は、世界トップである。

<売得金額、総参加人員の推移>

中央競馬

地方競馬

出所:農林水産省

3. 他の競技場と比べても好調

ここ数年に設立されているスタジアムなどには、必ずと言ってよいほどスポーツジムが併設されている。大会等のイベントがない日でも収益を確保することができるからだ。また、スポンサーにとっても商品が売れるため魅力度が高い。中でも競馬場はスペースが広いこともあり、スポーツジムだけでなくアミューズメント施設を併設している。ファミリーとして楽しめるテーマパークと化している。中央競馬のJRAだけでなく、地方競馬の16団体も、新たなファンの獲得に注力しており、競馬のイメージが変わってきた。さらに、収益回復の裏には、地方競馬の馬券を、インターネットで買えるようになったことが大きい。2012年からJRAのシステムを使った地方競馬の馬券発売が始まり、馬券の売り上げが伸びた。その後、キャッシュレス投票を可能とするなど、先進的な経営を行っており、他のスポーツ団体も見習うべきところが多いのではないだろうか。

<競馬場関連2社の業績推移>


よみうりランド


東京都競馬

注:19/12期以降はコンセンサス
出所:岡三オンライン証券-企業分析ナビ

4. 競馬関連銘柄

コード 銘柄名 概要 終値
(12/18)
注文画面
1944きんでん関電系。電設工事首位級。函館競馬場や阪神競馬場、ウィンズ梅田のモニターを手掛ける。1,720
4676フジ・メディア・ホールディングス競馬レギュラー番組を放送。持ち分法適用会社から傘下に入る可能性のある産経新聞社は「競馬エイト」、「週刊ギャロップ」を手掛ける。1,567
9671よみうりランド読売グループ傘下。船橋、川崎競馬場の歩合家賃が主力。4,620
9672東京都競馬大井競馬場を所有。競馬在宅投票システムが好調。3,470
9414日本BS放送競馬レギュラー番組「BSイレブン競馬中継」を放送。1,104

著者プロフィール

増井 麻里子(ますい まりこ)氏

株式会社Good Team 代表取締役社長

証券会社、ヘッジファンドを経て、米系格付会社・ムーディーズでは多業界に亘る大手事業会社の信用力分析、政府系金融・国際協力銀行(JBIC)では国際経済の調査を担当。

経済アナリストとして独立し、主に投資家向けのアドバイザリー業務を実施。

2017年6月、株式会社Good Teamの代表取締役社長に就任。

主な執筆・出演に週刊エコノミスト、国際金融、時事速報、Bloombergセミナー、日経CNBCなどがある。

メルマガ「5 分でチェック!世界の経済指標の読み方」(毎週3回程度)配信中。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客さまご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
ページトップへ