ご存じでしたか?MRFのメリット|ネット証券会社なら岡三オンライン証券

ご存じでしたか?MRFのメリット

証券口座で、中継地点の役割

銀行口座では、普通預金を通じて定期預金や投資信託などとの資金の出し入れが行えます。
証券総合口座において、同じような役割を果たしているのがMRFです。MRFを経由し、株式、投資信託などの買付けや売却が円滑に行えます。
また、MRFは投資信託の一種です。他の投資商品を買付ける前や、それらを売却した後もMRF自体で運用が行われており、その実績に基づいた分配金が支払われます。

信用、FX口座などの与信、証拠金口座を開設している場合は、MRFをご利用いただくことができません。

解約できない期間がなく、出し入れが自由

銀行の普通預金と同じような感覚で、自由に出し入れできるのがMRFの大きなメリットです。
クローズド(解約不能)期間は設けられていません。
1円以上1円単位で買付けられ、その後はいつでも自由に換金でき、解約手数料もかかりません。入金すれば運用が行われ、収益に基づいた分配金が月末にまとめて再投資されるようになっています。
株式、投資信託などの買付け・売却代金を単に「預かり金」として証券会社に預けておく場合、利息はまったく発生しません。しかし、MRFを買付けすれば、運用実績に基づいた分配金が得られる※ようになるのです。

運用実績によっては分配金が発生しない場合があります。

万一の際も、資産が保全されるから安心

MRFの運用において最も重視されているのは、安全性と流動(換金)性です。厳格なルールに従って、格付の高い公社債やCD(譲渡可能な定期預金証書)、CP(企業が発行する無担保約束手形)などの短期金融商品で運用を行っており、株式は一切組み入れていません。
また、口座を開いている証券会社が万一破綻した場合における「預かり金」の保証は、投資者保護基金によってお客様1人当たり1000万円までとなっています。銀行の預金についても、1名義人当たりの保証は元本1000万円とその利息までです。
これに対し、MRFは元本保証のない投資信託ではあるものの、同商品に託した資金は証券会社や運用会社に万一のことがあっても全額保全される仕組みになっているので安心です。

ちなみに……
Mはマネー、Rはリザーブ(蓄える)、Fはファンド(投資信託)
日本銀行がデフレ脱却のためにマイナス金利政策を実施している今は、預貯金で得られる利息が極めて少なくなっているばかりか、MRFの運用実績もかなり低くなっています。しかしながら、先々で金融政策が見直されて国内の金利水準が上昇していけば、MRFの運用実績が改善する可能性がありますので、期待を寄せてみるのも一考でしょう。
「リザーブ(蓄える)」というMRF本来の役割に、やがて「増やす」も加わる日が訪れれば、心強い存在となってきそうです。

口座をお持ちのお客さま

口座をお持ちでないお客さま

このページを見た人は
次のページも見ています

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ