【業界図鑑】電気機器業界 ~ ニッチ市場で高収益を維持する電子部品メーカー

2019年08月14日
岡三オンライン証券株式会社

【業界図鑑】電気機器業界 ~ ニッチ市場で高収益を維持する電子部品メーカー

2018年にはファーウェイのスマートフォン世界シェアは15%程度となり、アップルに追いついた。年末より本格化した米中貿易摩擦により、ファーウェイなどに販売している日本の電子部品メーカーの株価が大きく下落した。しかし、株価の回復も比較的速かった。投資家からも競争力の高さが評価されていることが伺える。

1. 電子部品では高シェアを維持

液晶パネル、DRAM、DVDプレーヤー、携帯電話などは、かつて日本が世界をリードしていた。電子情報技術産業協会(JEITA) の統計によれば、2018年の電子情報産業における日本メーカーの世界シェアは、12%まで低下している。2010年には21%だったことからも、この10年弱の落ち込みは激しい。しかし、電子部品に限定すれば、2018年は38%であり、2010年の40%の水準を維持している。

2. スマホ向け鈍化でも部品全体は堅調

ここ最近はスマートフォンの販売台数が鈍化していることが話題となっている。スマートフォン依存度が高い電子部品メーカーは、経営戦略の変更を余儀なくされている。しかし2019年の市場見通しは、あまり悲観することはなさそうである。部品全体を見れば堅調に推移する可能性が高いからだ。IoTや車載向けに需要拡大が見込まれる。

日系企業の世界生産額推移(円ベース)

出所:JEITA「電子情報産業の世界生産見通し」

3. ニッチ市場で高シェアを維持

日本の電子部品メーカーには、営業利益率が20%超の企業が多い。そうした企業はニッチ市場で高いシェアを維持し続けている。日本の最後の砦ともいわれる電池産業と共に、今後も競争力の維持が望まれている。しかし、部品メーカーも今後はどうなるか分からない。加工メーカー同様、アジアメーカーの台頭もありうるからだ。電気自動車の業種を超えた再編の機運もあり、部品業界にも垂直統合の動きが出てくれば、規模の大きい加工メーカーや、別のニッチ市場に強みを持つ部品メーカーと統合する可能性もあるだろう。

4. 電子部品関連銘柄

コード 銘柄名 概要 終値
(8/14)
注文画面
6594日本電産HDDモーターなどが強く、IT向けモーターで世界首位。車載、産機など中大型向けへのシフトに注力。13,945
6645オムロン感知、制御を基盤とし、制御機器に強み。車載向けにリレーなどの電子部品を展開。5,110
6770アルプスアルパイン車載向けが売上の6割を占める。車載情報機器が堅調。スマホ向けは北米で不振。1,776
6963ローム車載向けが好調。カスタムLSIで首位。ダイオードにも強い。無借金経営。7,750
6981村田製作所セラミックコンデンサーで世界首位。インダクターやワイヤレス関連、通信モジュールも手掛ける大手。スマホなど通信向けが売上の5割を占めるが、ファーウェイ向け比重は小さい。4,680

著者プロフィール

増井 麻里子(ますい まりこ)氏

株式会社Good Team 代表取締役社長

証券会社、ヘッジファンドを経て、米系格付会社・ムーディーズでは多業界に亘る大手事業会社の信用力分析、政府系金融・国際協力銀行(JBIC)では国際経済の調査を担当。

経済アナリストとして独立し、主に投資家向けのアドバイザリー業務を実施。

2017年6月、株式会社Good Teamの代表取締役社長に就任。

主な執筆・出演に週刊エコノミスト、国際金融、時事速報、Bloombergセミナー、日経CNBCなどがある。

メルマガ「5分でチェック!世界と日本の市場動向」(毎週火、水、木、金曜日) 配信中。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客さまご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ