次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2020年04月17日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】脱「はんこ文化」!~業務のデジタル化を支援する企業~

4月7日に新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されてから今日で11日目となる。当初は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、及び福岡県の7つの都道府県を対象に発令されていたが、4月16日夜に対象を全国に広げ、新たに北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府を加えた13都道府県を「特定警戒都道府県」と指定した。内閣官房が公表する資料では、4月15日時点の東京駅周辺における人の流れの推移は新型コロナウイルス感染拡大前比-73.0%、緊急事態宣言前比-47.8%と大きく減少している。不要不急の外出の自粛や百貨店や飲食店などの休業等の要請、在宅勤務の推奨等が効果として表れているが、東京駅周辺の人口変動率が7~9時にかけて上昇・17~19時にかけて下降しており、いまだ多くの人が仕事のために外出していることがわかる。

提供:株式会社Agoo

出所:内閣官房「緊急事態宣言の成果~人流の減少率~」より

新型コロナウイルス感染拡大対策で、政府推奨のもと在宅勤務の導入が進められている一方で、在宅勤務の課題が見え始めている。「連絡・意思疎通がしにくい」「会社資料が参照できない」「社内での稟議・申請・承認・決済業務ができない」などが挙がっている。中でも、稟議・申請・承認・決済業務は一般的に「はんこ」を必要とする業務であり、いわゆる日本の「はんこ文化」がネックになってしまっている。「紙面への押印が必要な業務が多いため出勤している」という声もあるほどだ。民間だけではなく、4月13日、規制改革推進会議は安倍首相に行政手続きのデジタル化を推進するよう働きかけている。その課題の解決策としてワークフローシステムのデジタル化を推進・支援する企業を紹介するので参考にしていただきたい。

3969 エイトレッド

稟議・申請・承認・決済業務を電子化するワークフローシステムを提供する大手。「まるで紙に書くような簡単なワークフロー」をキャッチコピーとして、操作性に特徴・強みを持った製品を提供している。また、導入企業の業態や社内制度に対応した稟議書や申請書などのフォームを自由に構築できるよう設計されており、多くの企業に導入できるよう工夫がされている。作成された書類への承認・決済もワンクリックでできる機能を付属しており、社内業務の改善を支援してくれる。昨今の在宅勤務推進とともに、このようなワークフローシステムの導入が期待される。

【エイトレッド:日足:6カ月】

4768 大塚商会

コンピュータ・複合機・通信機器を主に取り扱う商社である同社は在宅勤務導入の支援も行っている。在宅勤務に必要な回線環境の提供、勤務状況の管理システム、Web会議開催のサービスなどの提供のほか、電子契約の導入支援もしている。同社は2020年に東京で開催される予定であった大規模競技大会の影響で在宅勤務が増えると予測し、2019年時点から電子契約の導入支援を提供している。

【大塚商会:日足:6カ月】

ワークフローシステムのデジタル化を支援・導入する企業

コード 銘柄名 終値
(4/17)
注文画面
3371ソフトクリエイトホールディングス1,716
3969エイトレッド1,334
4687TDCソフト830
4768大塚商会4,885
5802住友電気工業1,073.5
9719SCSK5,520

(岡三オンライン証券 エクイティ事業部)

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
ページトップへ