次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2020年02月25日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】注目の今期最高益見通し銘柄

3連休明けとなった25日の東京市場は大幅安。新型コロナウイルスの感染が中国以外の中東や欧州に広がったことで世界的な連鎖株安となり、日経平均は一時1000円超の下落を余儀なくされた。東証1部で値上がりしたのはわずかに26銘柄(全体の1.2%)。99%の2129銘柄が下落する全面安となった。
これまで新型肺炎を「対岸の火事」と楽観視していた海外投資家の中にもリスク要因であるとの認識が徐々に深まっている可能性があり、当面は不安定な相場展開が続くとみられる。そうした中、業績面・業態面で比較的安心感のある銘柄が選別物色の対象になりやすいと想定し、今回は今期(20年9月期や20年12月期など)過去最高の営業利益を計画している銘柄の中から以下の5つをピックアップした。外出を控える流れが追い風になるとの見方を巻き込んで漫画アプリのAmaziaが2月相場で急上昇したことや、「AWS」の導入支援を行うサーバーワークスが25日の全面安商状においても逆行高した例を鑑み、内需のネット・ITサービス系の銘柄を中心に選んでいる。

コード 銘柄名 内容 終値(2/25) 発注画面
2477手間いらず宿泊施設向け予約サイトコントローラー5,640
4348インフォコム電子コミックとシステム開発2,710
4449ギフティ電子チケットサービス1,668
4476AI CROSSビジネスチャットやメッセージサービス1,748
4768大塚商会システムインテグレータ4,775

手間いらずは宿泊施設向け予約サイトコントローラーの好調が続いている。複数の予約サイトの情報を一括管理するサービスで、ホテル等の予約業務を効率化することでコスト削減に貢献。システムの売上高は1年契約の定額課金が大部分であるほか、様々な国・エリアの販売チャネルと連携している同システムのリスクヘッジとしての役割が認知されつつあることから、「新型コロナウイルス問題による業績への悪影響は非常に軽微な見通し」(渡邉哲男社長)としている。20年6月期営業利益は前期比31.6%増の11億6300万円を計画。

【手間いらず(2477):日足:1年】

インフォコムは重点事業と位置づける電子コミック配信「めちゃコミック」と医療機関向けシステム開発がそろって好調に推移。20年3月期営業利益は前期比19%増の82億円を見込む。今後はM&Aや海外展開も進める計画で、23年3月期売上高850億~1150億円(今期推定比45%増~97%増)の目標を掲げている。

昨年9月に上場したギフティは、飲食店や小売店で商品・サービスと交換できる電子チケット「eギフト」サービスを展開。19年12月期は法人がキャンペーン等での利用を目的にeギフトを購入する「giftee for Business」の売上高が前期比2倍超となり、業績拡大をけん引。今後はeギフト発行企業数の拡充や新サービスの開発に努めるほか、マレーシア子会社を核にASEAN展開を目指すとしている。20年12月期営業利益予想は前期比93.5%増の10億4100万円と連続大幅増益を計画。決算発表直後の高値である2120円(2月17日)を奪回する展開に期待したい。

AI CROSSは企業向け業務効率化サービスを展開。社員同士のコミュニケーションを円滑化するビジネスチャットはシンプルかつ高セキュリティという強みがあり、官公庁や大企業を顧客に抱える。SMSを利用したメッセージングソリューションは「絶対リーチ!」としてリブランディングした。19年12月期は取引社数が2914社(前期比2倍)となり、営業利益は1億9000万円(同89%増)となった。同時に公表した20年12月期営業利益予想は5%増の2億円。増益率が物足りないとして株価は発表後に下落したが、今期は「積極投資の攻めの年」と位置づけ、成長加速に向けた人材、プロモーションなどの先行投資を進める計画。「増益を保ちつつ投資をしたい」(原田典子社長)とバランスに目配せしながら投資を進めるとみられ、株価は見直し余地があろう。

システムインテグレータの大塚商会はオフィスに必要なモノの提供・サポートをワンストップで行う体制が強み。働き方改革を背景としたIT投資需要を取り込み、19年12月期営業利益は前期比29.4%増の622億円に拡大。従来予想を11%上回る着地となった。今20年12月期は11期連続の増収増益増配を目指す計画で、営業利益は前期比2.4%増の637億円を見込む。増益率は鈍る見通しだが、企業のIT活用・省エネのニーズは根強く、業績上振れがあるとみる。

執筆者

中村 鋭介 氏

株式会社ストックボイス 記者
ストックボイスで記者としてマーケット(主に新興市場)の取材に携わる。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
ページトップへ