次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2020年02月14日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】注目集まるテレワーク関連銘柄

働き方改革の1つとして取り組まれている「テレワーク」へ注目が集まっている。「テレワーク」とはICT(情報通信技術)を活用し、時間や場所を有効に活用する柔軟な働き方のことで、在宅勤務やサテライトオフィス勤務、モバイルワークなどの総称だ。元より働き方改革や今年に東京で開催される大規模競技会を前に都心部の交通混雑を緩和することを狙いとして、政府主導で各企業へのテレワーク導入が推進されていた。しかし、昨年に日本列島を襲った台風被害や新型コロナウイルス感染の猛威などの非常時対策にも有効であるとして「テレワーク」の機運がさらに高まっている。

実際にテレワークを導入している企業が増えつつある。総務省が公表する「平成30年通信利用動向調査 (企業編)」によると、企業のテレワーク導入率は2017年に13.9%であったが2018年に19.1%となった。また、企業の資本金規模別に見ると資本金10億円以上の企業の導入率の伸びが大きい。テレワークの導入にはICT環境の整備、セキュリティ対策など導入費用がかかるため、大企業が先だって導入を実施する傾向にあるとみられる。

出典:総務省資料「平成30年通信利用動向調査の結果」より

このように、テレワーク市場は拡大傾向にあり、政府の施策や非常時対策としてテレワーク導入がさらに加速する可能性がある。主なテレワーク関連銘柄を紹介するので参考にしていただきたい。

コード 銘柄名 内容 終値
(2/14)
注文画面
1973NECネッツエスアイ社外からも社内システムにアクセスできるVDI(仮想デスクトップ)ソリューションを展開4,230現物買
3040ソリトンシステムズ在宅勤務向けのモバイルセキュリティに強み1,013現物買
4768大塚商会テレワークに必要なハードウェア、端末などの取り扱い・導入支援からサポートまで展開5,060現物買
4776サイボウズオフィスと同等に仕事が行えるワークプレイスを提供する「グループウェア」とモバイルアクセスを実現する「リモートサービス」を提供2,153現物買
6702富士通勤怠勤務やPCログオン認証システムを連携させた業務時間管理システムの提供12,430現物買
8056日本ユニシステレワークのためのICT環境の導入、制度・ルールの策定や運用など広い範囲でサービスを展開3,710現物買

NECネッツエスアイ(1973)は、勤務先のパソコンで使用しているアプリケーションに社外からでもアクセスできるICTサービスを展開している。2017年から全社員を対象にテレワーク勤務の導入し、昨年からは本社スタッフが自宅から30分圏内のサテライトオフィスに分散させて働く分散型ワークの開始など自社でのテレワーク導入にも積極的である。大塚商会(4768)では、テレワークに必要なハードウェア、端末などを提供している。テレワーク導入には社外からの社内データへのアクセスが必要なことからセキュリティ対策が重要だ。同社はセキュリティ対策にかかる商品を多く取り揃えており、テレワークの安全面の確保に大きく貢献している。

(岡三オンライン証券 エクイティ事業部)

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
ページトップへ