次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2019年09月10日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】覚えておきたい8月の逆行高銘柄

米中問題に揺さぶられ、3ヵ月ぶりの下落となった8月相場。今回のレポートではその8月に逆行高した銘柄に着目した。業績面や需給面、テーマ性など今後も見所がありそうだと考える5銘柄を取り上げる。いずれも7月末→8月末で10%超値上がりした銘柄だ。

すでに9月第2週に突入し、当面の市場の関心事は今週、来週に予定されている日米欧の中銀会合。この段階で前月の活躍銘柄に言及するなど「何を今さら」との声も聞こえてきそうだ。だが、そうした世界的な注目イベントを前に、8月の株価好調が9月も継続している銘柄がある。また、好業績を背景に人気化した銘柄がいったん調整し、次の決算発表の前後や再び全体相場が混迷した時に再度注目を集めることも考えられよう。

コード 銘柄名 内容 終値
(9/10)
注文画面
2157コシダカホールディングスカラオケやフィットネス1,610
2477手間いらず宿泊施設向け予約管理システム4,165
6777santec光通信用備品や光測定器1,936
6952カシオ計算機腕時計や電子辞書1,579
9697カプコンゲームソフト大手2,709

コシダカホールディングスはカラオケ店「まねきねこ」や女性専用フィットネス「カーブス」を展開。カラオケの駅前・繁華街への新規出店などが奏功し、7月に19年8月期業績予想を上方修正。売上高661億円(前期比7%増)、営業利益98億円(同24.8%増)とも連続での過去最高を見込む。同社のキーワードは「健康」。9月1日から「まねきねこ」517店舗で全室禁煙を開始した。禁煙化はアルバイト採用にも好影響を与えているという。カーブス事業では神奈川県が進める健康寿命延伸に向けた未病改善の取組み「未病センター」に7店舗が認証された。今後はこうした自治体とのコラボや新業態「メンズカーブス」の収益貢献も期待される。

宿泊施設向け予約管理システムの手間いらずは月間で54%の上昇と大幅高を演じた。8月2日に19年6月期決算を発表。営業利益が前期比27.8%増の8億8300万円と従来予想を上回る好調ぶりだったことに加え、20年6月期も大幅増益が続く見通しを公表したのが素直に好感された。宿泊施設が東京五輪を万全の態勢で迎える準備を進める中、同システムの好調持続を想定し、営業利益は31.6%増の11億6300万円を見込む。決算説明会で「日韓関係の悪化や香港デモの影響は限定的だろう」(渡邊社長)と明らかにしたのも買いを誘ったとみられる。

santecはジャスダック上場の光通信用部品メーカー。5G関連投資の拡大に伴い、北米向けに光モニタ製品などが好調。第1四半期(4-6月期)営業利益は前年同期比4.7倍の2億3800万円に急拡大した。上期予想2億8500万円、通期予想7億8500万円に対する進捗率が高く、業績上振れに期待がかかる。

カシオ計算機は「Gショック」が中国、東南アジアで伸長。第1四半期(4-6月期)営業利益は市場予想を上回る75億3200万円(前年同期比13.9%増)となった。強気の業績計画を示す傾向がある同社。上期(4-9月期)予想150億円に対する進捗率は50.2%と「まずまず」という程度だが、前19年3月期の第1四半期時点では進捗率44%にとどまっており、今期の方が高進捗である点を確認しておきたい。信用倍率0.27倍という需給面も注目ポイント。

【カシオ計算機:日足:6カ月】

カプコンは言わずと知れたゲームソフト開発大手。前期にヒットした「バイオハザード RE:2」や「デビル メイ クライ 5」の人気が継続。好採算のダウンロード販売が伸び、第1四半期(4-6月期)営業利益は77億300万円(前年同期比50.8%増)と好調な出だし。同期間での過去最高を記録した。5月、定款の事業目的にeスポーツ関連を追加。現時点で具体的な収益目標は設定していないが、今後は世界的な市場拡大が想定される同分野でのビジネス展開にも注目が集まろう。目先は12日から開催される「東京ゲームショウ」で新タイトル等の発表があるかどうか注目される。

執筆者

中村 鋭介 氏

株式会社ストックボイス 記者
ストックボイスで記者としてマーケット(主に新興市場)の取材に携わる。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
ページトップへ