次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2019年08月05日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】「カブりつき・マーケット情報局」ロジック投資の神髄とは

岡三オンライン証券提供の「カブりつき・マーケット情報局」をラジオ日経で毎週金曜日16時20分から放送しています。MCに八木ひとみさんを迎え、私とスパローズの大和さんに加えてゲストの出演も予定しております。

カブりつき・マーケット情報局

ラジオNIKKEIのサイトに移動します(過去の録画放送もご覧になれます)

番組は短期から中長期投資家まで楽しめる情報番組として放送しております。週末の放送ですので指標等の騰落を日次ではなく、週次の変動幅を紹介しております。来週の相場展望や手法など投資に役立つ情報満載でお送り致しますので毎週聞いて頂ければ幸いです。

【ラジオ「カブりつき・マーケット情報局」の補足、振り返り】

バカラ村さん出演

7月26日の放送はFXトレーダーのバカラ村さんが出演。番組では為替トレーダーの出演は初めてでバカラ村さんには過去のトレードコンテストの実績紹介やトレード手法の深掘りをお話し頂いた。
運用者のリアルな話を伺うことができたが、1日の時間の使い方は専業投資家や専業になりたい兼業投資家はイメージできたのではないだろうか?手法はもちろん成功と失敗談などトレードのアイデアがたっぷりなので是非アーカイブを見て頂きたい。

銘柄紹介は4343イオンファンタジーを振り返った。投資手法は数々あるが、個人投資家はどの手法で売買するか常に迷っている印象だ。迷うと「手っ取り早い」、「簡単」この二つに引き寄せられてしまう傾向が非常に強い。加えて、個別株投資を行う上で個人投資家が失敗するのは大きく3つ。「バイオ株投資」。「イナゴ株投資」、「テクニカル分析」この3つを行うことで資金の大きなドローダウンや長年株式投資を行っているのに知識が身に付かないというもったいない状況に陥る。
それを回避すべく、番組では「ロジック投資」という名前で様々なファンダメンタルズの切り口で銘柄を紹介している。ロジックが発動していない銘柄もあるが、誰も注目していない銘柄が注目を集めスルスルと上昇していく推移を目の当たりにしたリスナーもいるだろう。
下値不安が少ない銘柄でロジックのアップサイドを取っていく手法が王道になれば退場者も減るし、皆さんに株式投資の本来の楽しさを身に着けて頂くことが私の本望であり、活動の源泉なので今後も続けていきたい。
イオンファンタジーはM&Aキャピタルパートナーズと同様、投資家が成長期待を諦めた銘柄の復活を追いかけている。番組でも何度も解説したが、業績の鈍化により株価は高値から大幅に下落、業績回復の芽を分析しながら結果を待っている。その芽は出かけており、直近の月次業績では国内の伸長、中国の回復が見えており、懸念点が払しょくしつつあることで株価が上昇した。月次も今月発表分から国内の発射台が低くなるので良い数字が出やすいことも着目点だろう。

7月26日のオンデマンド放送はこちら

4343 イオンファンタジー

岡三オンライン証券投資情報部長武部力也さん出演

8月2日の放送は岡三オンライン証券投資情報部長武部力也さんにお越しいただき、足元の相場解説や雇用統計の見通しと先月末のFOCMでの利下げについて解説頂いた。7月の利下げについては市場予想どおりであったが、年末までの政策や金利動向、投資家の催促について詳しく解説頂いているので参考にして欲しい。その他、極東地政学的リスクの話は必聴なので是非お聞き頂きたい。

武部さんの話、為替を中心としたストラテジーをもっと詳しく知りたい、という方は、岡三オンライン証券HPから最新の「株と為替の売買シナリオ」の動画や「武部力也の週間相場見通し最新号」なども参考にして欲しい。

6080 M&Aキャピタルパートナーズを振り返った。中小企業のM&Aを仲介する事業を行っている。昨年は1万円を超える株価であったが、業績の鈍化により株価は3000円台前半まで下落した。よくある成長株の成長期待が剥がれた際に見られる株価の動きだが、業績の鈍化が一過性である場合、再評価されることが多々ある。
今回の業績の落ち込みは案件の端境期であること、端境期にも営業人員をコンスタントに採用し、戦力化に努めていること、今後案件が見通せていることなど業績の回復する材料を番組内でも何度かフォローを続けていた。十分な尺が取れず舌足らずになることも多いが今後も投資家として必要な分析やヒントを提供し続けたい。

8月2日のオンデマンド放送はこちら

コード 銘柄名 終値(8/5) 注文画面
2309シミックホールディングス1,916
3021パシフィックネット823
4343イオンファンタジー2,849
4849エン・ジャパン4,260
6080M&Aキャピタルパートナーズ7,260
6670MCJ717
7716ナカニシ1,946
7730マニー7,640
7945コマニー1,370
8267イオン1,847

執筆者

Bコミ(坂本 慎太郎)氏
こころトレード研究所所長

2002年から6年間証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。
2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、債券や株式のファンドマネージャーや運用計画の策定等の運用業務に携わる。
かんぽ生命退職後、個人投資家育成のため、中級者の個人トレーダーのスキルの穴埋めを目的としたこころトレード研究所を運営。
日本株を中心に短期は板読み、中長期はマクロ経済の方向感を押さえつつ、業績や資金動向等の需給に重きを置いた運用を行っている。
株式以外には債券、不動産、太陽光発電所等、様々な投資を行っている。
パンローリング社で「株のデイトレ・スイングトレード通信スクール」を運営。

こころトレード研究所

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ