次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2019年07月08日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】有力商材を持つIT、ソフト関連銘柄

東京市場を巡る投資環境は複雑だが、全体として上昇局面にあることは多くの投資家が感じていることだろう。東京五輪パラリンピックの抽選などもあり、イベントの雰囲気も盛り上がってきている。
問題は銘柄選択だ。
参院選後の対米交渉がどうなるか、米中摩擦は本当に緩和に向かうのか、日韓対立の影響は・・・、と考え始めれば、不安の種は尽きない。さらに、国内需要関連銘柄に絞ろうとしても、秋には消費税増税が待ち構えており、強気になるには早すぎるのでは、という懸念もあるだろう。
こういった局面では、IT、ネット関連といった足元での成長率が高く、将来性にもコンセンサスが得られやすい銘柄に資金は集まりやすい。また、リスクをより明確に避けるのであれば、香港情勢や日韓情勢を考慮し、中国、韓国関連の銘柄も避けるべきだろう。
そこで、今回は、IT関連分野で、有力商材を持ち、すでに勝ち組になりつつある企業、そして中国よりも日本国内または米国市場にターゲッティングしている銘柄を取り上げてみた。

有力商材を持つIT、ソフト関連銘柄

コード 銘柄名 市場 事業内容 終値
(7/8)
注文画面
2317システナ東証1部車載向けソフト1,828
3626TIS東証1部SI大手5,690
3649ファインデックス東証1部病院向けデータ管理システム924
3774インターネットイニシアティブ東証1部インターネット、MVNO2,120
4326インテージホールディングス東証1部市場調査938
6879IMAGICA GROUP東証1部映像システム672

システナは、6月25日に発表した中期計画で、「日本を代表するIT企業になる」という目標を掲げたが、実際、自動運転、AI、ロボットを使った経営支援や、IoT、クラウド関連ビジネスは大きく業容を伸ばしており、米国進出の日本企業をサポートする有力なパートナーにもなっている。
TISも、グループで50社を抱える独立系大手SI。課題となっていた中国子会社を売却し、足下の課題が解消しつつある。米国のベンチャーファンドに出資し、先端技術の習得にも熱心だ。この2社は、企業の生産性改善のための根幹技術を有し、外部環境に左右されにくい要素を持っている。
インターネットイニシアチブは、IIJと呼ばれ、インターネット黎明期から活躍する企業だ。インターネット接続事業から始まり、しばらくは過当競争の中でもがいていたが、ここへ来て、クラウドやMVNOへの需要増から、業績がV字回復に向かっている。株価は調整中だが、そろそろ下落は止まってきたように見える。

IIJ 1年間の週足チャート

ファインデックスは病院のデータ管理システムでは圧倒的な強みを持ち、業績は好調。また、インテージホールディングスは市場調査大手企業として、今後のビッグデータの活用にも期待されている。
IMAGICA GROUPは、米国で映画の字幕や画像編集を行う企業で、テレビ番組の編集などについて、クラウドを使って行うことで、事業を改革してきた。
IIJ以外の銘柄は、株価が安定的に上昇し続けている。短期的なチャートでは高く見えるかもしれないが、中期的に見れば、株価の位置は違ってみえることもある。よく事業内容を検討し、タイミングを見計らいたいところだ。

執筆者

堀 篤(ほり あつし)

1962年10月27日生まれ 愛知県出身
日本証券アナリスト協会検定会員
1985年、野村證券(現野村ホールディングス)入社。1998年退社後、上場企業役員を2社勤め、2001年コンサルタント会社設立、独立系アナリストとして、有望企業を投資サイト・雑誌などで紹介している。
総合economicサイト、「サチとれ」を運営。
証券マン、上場企業役員、投資家、コンサルタント、アナリストという360度異なる方面の経験を活かした、独自の分析スタンスで中小型優良銘柄の発掘を行う。

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ