次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2019年07月05日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】上場後1カ月半で約6倍になった米国IPO「ビヨンド・ミート」に学ぶ代替肉市場

近年、健康志向の高まりから欧米を中心に菜食主義者が急増している。彼らは、健康志向や環境保全、動物愛護など様々な観点から動物性由来の食品を避け植物性由来の食品を好んで食事を取っている。人によっては毛皮やウールなどの動物を使用した洋服も拒む人もいる。日本でも菜食主義者は見られるようになってきているが、訪日外国人の増加や来年に迫る東京での大規模競技大会に向けて動物性由来の食材を使用しない食事を提供する機会が増えてくるだろう。

米国では植物性由来の代替肉市場が盛り上がりを見せている。本年5月2日にナスダック市場に上場した「ビヨンド・ミート」は植物性由来のハンバーガー用パティやソーセージを提供している。本物の肉ではなくえんどう豆から抽出した植物性タンパク質で作った代替肉を開発し、スーパーやレストランへ提供している。代替肉の需要は高く、同社の2018年の年間売上高は前年比で170%伸びた。同社の株価は6月17日に169.96USDの高値を付けており、公募価格の25USDからわずか1カ月半で最高579%上昇した。大株主であるマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も注目している代替肉市場への期待は大きい。

【ビヨンド・ミート株価】

代替肉市場の拡大要因は消費者が健康志向の食事を心がけているからだけではない。代替肉は既存の畜産業とは異なり、動物を保護し、エネルギーや水資源の消費が少ないことから環境保全の面も強い。今後、2050年までに世界の人口が90億人に達すると言われる中、環境に負荷をかけずに食料を確保することは世界的な課題だ。
高まる健康志向、世界的な人口の増加による食料不足、環境保全などを満たす代替肉市場の拡大が世界的な潮流であり、日本企業でも代替肉をはじめ植物性由来の食品開発・流通に取組む企業を紹介する。

【三井物産:日足:6ヶ月】

三井物産は先に挙げた「ビヨンド・ミート」へ出資している。出資額・出資比率は非公開であるが、日本での「ビヨンド・ミート」製の代替肉販売に向けて準備をしている。他にも植物性由来の卵を開発した米国の「ハンプトン・クリーク」に出資しており、植物性由来の食品市場へ期待をかけていることがうかがえる。2020年3月期の純利益は4,500億円になる見通しであり、実現すれば8期ぶりに過去最高益を更新することとなる。

【不二製油:日足:6ヶ月】

不二製油は植物性油脂、業務用チョコレート、乳化・発酵素材、大豆加工素材の4つの事業領域を持つ。大豆から豆乳クリームと低脂肪豆乳を生み出す世界初の特許技術を持っており、「濃久里夢(こくりーむ)」や「大豆舞珠(まめまーじゅ)」など、クリームやチーズを模した製品を開発している。また、ビーフ・ポーク・チキンなど肉に近い食感に仕上げた組織状の大豆たん白を抽出し、植物性由来の代替肉「豆腐バーグ」などを国内で販売をしている。2020年度の利益配分の基本方針では配当性向を30~40%に設定しており、自社株買いも機動的に検討している。

【オイシックス・ラ・大地:日足:6ヶ月】

同社は有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など安心・安全に配慮した食品の定期宅配サービスを展開する。2019年5月に米国で菜食主義者向けのミールキット宅配事業を展開する「スリーライムズ」 (通称:「ザ・パープルキャロット」)を子会社化し販路を拡大する。米国におけるミールキット市場は2022年までの5年間で、17年比約2倍の52億ドルに拡大すると予想されている。Three Limes, Incは2018年12月期の306万ドルの赤字であったが、同社の経営ノウハウを提供することで早期黒字化を目指す。

以下に、植物性由来の食品開発・流通関連銘柄を紹介するので参考にしていただきたい。

コード 銘柄名 内容 終値
(7/5)
注文画面
2805ヱスビー食品動物性原料を使用していない「具材充実18種類の野菜カレー」を開発4,000
2607不二製油グループ本社大豆から豆乳クリームと低脂肪豆乳を生み出す世界初の特許技術。クリームやチーズを模した製品を開発3,355
2809キユーピー卵の代わりに粉末状大豆タンパク質を使用したマヨネーズの開発2,608
3182オイシックス・ラ・大地米国で菜食主義者向けのミールキット宅配事業を展開する「スリーライムズ」を子会社化1,529
4578大塚ホールディングス子会社である大塚食品が日本初の植物性由来肉食品であるハンバーグを販売3,871
8031三井物産米国発の植物性由来食品を開発している「ビヨンド・ミート」、「ハンプトン・クリーク」へ出資1,798

(岡三オンライン証券 エクイティ事業部)

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ