次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2019年06月28日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】下値不安を和らげてくれる自社株買い実施企業

今週の日経平均株価は21,000円~21,500円の狭いレンジでのもみ合いとなった。6月24日の東証1部売買代金は約4年半ぶりの水準となる1兆4,115億円に留まるなど、G20大阪サミットや米中首脳会談を週末に控え、積極的に商いを増やすムードとはならなかった。市場では、今回の米中首脳会談は劇的な進展はないとの見方が大半となっており、米中間の通商交渉は長期戦となる色合いが強い。
テクニカル的にも日経平均株価は25日移動平均線と75日移動平均線の間に収まっており、方向感が乏しい状況だ。

【日経平均株価:日足:6カ月】

7月の日経平均株価は参院選の投開票日が7月21日に決定したことを受け、7月上旬は売り越し基調が続く外国人投資家の動向に変化がみられる可能性がある。ただし、7月中旬以降は3月期決算銘柄の第1四半期決算発表が本格化してくる点には注意しておきたい。5月以降の米中の通商摩擦激化に対する企業業績への影響を考慮しておく必要があるだろう。

商いが低調であることや決算内容への懸念があるなか、注目しておきたいのは「自社株買い」を実施する企業である。自社株買いとは、企業が発行した株式を、その企業自らが買い戻すことをいう。企業は買い戻した株式を消却することで発行済み株式数を減らすこともできる。消却した場合は、1株当たりの利益や配当金の増加が期待できる。
企業が自社株買いを行うタイミングは自社の業績が好調にも関わらず株価が割安な水準である時に実施されやすい。つまり、自社の株価が割安であるという企業からの投資家へのメッセージであり、市場の下値不安を和らげる効果も期待できる。
足元、株主への利益還元姿勢の強まりや資本効率改善のため自社株買いを発表する企業が急増している。東京証券取引所が発表する主体者別売買動向を見ると、企業の自社株買いを表すと言われている事業法人は、2018年10月から8カ月連続の買い越しとなっており、日本株の買い主体となっている。一方で、日本株売買代金の6割を占めると言われている外国人投資家は、2018年に現物・先物合わせて約12.5兆円の売り越しとなっており、2019年に入っても4月を除き売り越し基調が続いている。

出所:日本取引所グループ「投資部門別売買状況」より岡三オンライン証券作成

自社株買いが目立つ理由としては、スチュワードシップ・コードに沿った機関投資家からの株主還元圧力の高まりが挙げられる。三菱商事やトヨタ自動車、NTTドコモが上限3,000億円、ソニーが上限2,000億円の自社株買い枠を設定した。また、DeNAは上限500億円の枠を設定。発行済み株式の26%を占める。

【主な自社株買い発表企業】

コード 銘柄名 発表日 総額上限
(億円)
株数上限
(万株)
注文画面
8058三菱商事5月9日3,00012,000
7203トヨタ自動車5月8日3,0005,000
9437NTTドコモ4月26日3,00012,830
9432日本電信電話5月10日2,5005,330
6758ソニー5月16日2,0006,000
8035東京エレクトロン5月27日1,5001,400
9433KDDI5月15日1,5007,300
8316三井住友フィナンシャルグループ5月15日1,0003,200
8802三菱地所5月14日1,0006,500
7181かんぽ生命保険4月4日1,0005,000

4・5月発表分

自社株買いは株価下落不安を和らげる緩和剤となるため、市場全体が下降トレンドの中でもその効果が期待できるが、自社株買いを実施している企業の株式を売買する場合は、発行済株式総数に対する取得上限金額の割合や取得期間はしっかりと確認しておきたい。
以下に6月に自社株買いを発表し、発行済株式総数に対する取得上限金額の割合が高い主な銘柄を紹介するので参考にしていただきたい。

コード 銘柄名 発表日 発行済株式総数に
対する割合
(取得上限金額)
取得期間 終値
(6/28)
注文画面
8604野村ホールディングス6月18日8.6%
(1,500億円)
6/19 ~ 3/31379.4
8253クレディセゾン6月7日6.7%
(100億円)
6/10 ~ 3/311,265
4674クレスコ6月26日5.5%
(20億円)
6/27 ~ 8/303,495
8233高島屋6月25日4.6%
(100億円)
7/1 ~ 2/291,186
6118アイダエンジニアリング6月11日3.99%
(20億円)
7/1 ~ 10/31834
1803清水建設6月24日3.82%
(200億円)
7/1 ~ 3/31889
5481山陽特殊製鋼6月19日3.1%
(30億円)
6/20 ~ 12/231,492

(岡三オンライン証券 エクイティ事業部)

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンラインの口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンラインの口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-146-890(携帯からは03-6386-4473)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ