次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2019年01月07日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】波乱の展開が続くなか、イベントに沸く「IoT」関連銘柄

2019年の株式相場は波乱の幕開けとなった。アップルの業績下方修正に伴う急落や米ISM製造業景況指数が54.1と約2年ぶりの低水準に落ち込んだことで米経済及び企業業績への先行き懸念が強まり売りが膨らみ米株式相場が大幅下落となったこと、また中国の経済指標が軟調となったことなど年末年始を挟みリスクオフの動きが鮮明となった。1月3日には為替市場においてフラッシュ・クラッシュ(=市場流動性が乏しい中で大量の注文により一方向に瞬時に急落すること)が起き、ドル円が一時104円台と2018年3月以来となる水準を示現するなど、為替市場の動揺も拍車をかける形となった。1月4日にはGPIFとみられる長期投資家の動きがあったことからドル円は108円台を回復することとなったが、短期的には為替市場も不安定な動きとなることが想定される。1月7日~8日にかけ米中貿易問題を巡る次官級協議が開かれるとの報道からNYダウは大幅反発となったが、為替は動きを見せておらず、過度な期待は禁物だ。
日経平均株価については、昨年12月28日の本稿『相場が落ち着くまでの対応策』でも指摘した通り、ファンダメンタルズおよびテクニカル的には売られすぎの水準にあるものの、短期的にはリスクオフの動きから上値の重い展開が想定される。1月4日は日経平均のPBR1倍(=19,244円)付近で切り替えしたことから、安値水準では意識的な買いが入るものの、この水準を割り込むと2017年4月に開けた窓を埋めに行く可能性もあることから注意をしておきたい。

【日経平均株価:日足2年】

全体相場は軟調な地合いとなることから銘柄選択は【森よりも木を見る】展開が主軸となるが、安い水準では今後注目となるテーマを見据えた投資も不可欠となるだろう。今後成長が期待されるテーマについては、市場の動揺が落ち着きを取り戻す段階では逃避資金が集まることが予想されることから、今のうちに選別をしておきたい。特に2018年の逃避資金として大きなものに海外投資家の資金があることには注目だ。海外投資家は東証の投資部門別売買状況を見てもわかるが、売買代金で7割以上を占める主要投資家であり、2018年は2018年12月第3週分までに日本株を約12兆円超売り越しており、近年まれにみる水準の売り越し額となっている。こうした資金の還流先は時価総額の大きな銘柄がメインとなるが、有望テーマにはいち早く入ってくることが想定されるため、テーマ選択はしっかりとしておきたい。

このような中注目しておきたいのは「IoT」関連銘柄であろう。日本ではラグビーをはじめ国際的なスポーツイベントが来年にかけて立て続けにあり、日本政府も「IoT」を活用したインフラ整備に力を入れている分野となる。また2020年に本格的な運用が始まる「5G」技術の活用をにらんだ動きも今後本格化することが想定されるため、国内のみならず世界的にもサービス拡大機運が高まっており、関連銘柄の恩恵は一層高まってくることが想定される。また、「5G」関連においては、中国企業の製品を避ける動きが世界的に高まっていることからも競争激化が想定され、同分野での国内企業の巻き返しには期待がもてるだろう。

以下に主な「IoT」関連銘柄を掲載しているので参考にしていただきたい。

コード 銘柄名 終値
(1/7)
注文画面
2327新日鉄住金ソリューションズ2,674
3626TIS4,470
3774インターネットイニシアティブ2,457
3825リミックスポイント419
3923ラクス1,812
4307野村総合研究所4,245
4348インフォコム4,130
4726ソフトバンク・テクノロジー1,781
4739伊藤忠テクノソリューションズ2,130
6501日立製作所3,007
6541グレイステクノロジー1,770
6701日本電気3,450
6702富士通6,798
8056日本ユニシス2,512
9433KDDI2,643
9434ソフトバンク1,419
9437NTTドコモ2,484
9613エヌ・ティ・ティ・データ1,219
9719SCSK4,030

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ