次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2018年11月05日
岡三オンライン証券株式会社

【次の一手】「カブりつき・マーケット情報局」急落時の立ちまわり方

岡三オンライン証券提供の「カブりつき・マーケット情報局」をラジオ日経で毎週金曜日16時20分から放送しています。MCに八木ひとみさんを迎え、私とスパローズの大和さんに加えてゲストの出演も予定しております。
番組URLはこちら(過去の録画放送もご覧になれます)

番組は短期から中長期投資家まで楽しめる情報番組として放送しております。週末の放送ですので指標等の騰落を日次ではなく、週次の変動幅を紹介しております。来週の相場展望や手法など投資に役立つ情報満載でお送り致しますので毎週聞いて頂ければ幸いです。

【ラジオ「カブりつき・マーケット情報局」の補足、振り返り】

急落時の立ち回り方

10月26日の放送はハロウィンウィークということで私は西山孝四郎先生(ご本人の許可あり)、大和さんは持ちネタの幼稚園の先生、八木アナは相場が危機なのでキキのコスプレで出演した。
相場は10月の調整は大きく日経平均株価は高値から約3,000円下落。この要因は債券金利の上昇やサウジ記者問題で米国と中東との軋轢が懸念されるなどネガティブな材料がクローズアップされたが、私は年始に発生したボラティリティショック第二弾ではないかと推測している。理由は世界的に株価が調整する過程で株以外のリスク性の資産があまり売られておらず、お金を現金化する動きが見られていないためだ。本来の株価の大幅な調整時に株を売却した資金は安全資産に移す動きがみられるが、米国債の水準もほぼ変わっていない。10月の半ばから発表される米国の3Q決算発表で一喜一憂して株価がさらに乱高下する場面もあったが、年末にかけて落ち着いていく展開を想定している。
相場下落時の対処法として空売りもある程度一般的だが、景気に左右されにくい電力・ガス、通信、医薬品セクターなどのディフェンシブセクターを買う手法が古くから存在する。番組では4595ミズホメディを紹介、感染症抗体などの検査用医薬品会社でインフルエンザの診断薬等を製造販売している。今冬にインフルエンザが流行すれば物色される可能性があると考えているため、株価調整時の押し目買いは有効な戦略だろうと説明した。

10月26日のオンデマンド放送はこちら

4595ミズホメディ

4595ミズホメディ

武部力也さん登場

11月2日の放送は八木アナウンサーがお休みで叶内文子アナウンサーが代打で登場。ゲストは岡三オンライン証券投資情報部長武部力也さんにお越し頂き、「武部力也の週間為替相場見通し」から週末の雇用統計の話と注目点、米国の中間選挙の見通しを詳しく解説頂いた。「経済指標は雇用統計より貿易収支を注目すべき」とコメント頂き、この貿易収支で米中貿易摩擦の現状と将来の政策が決まるため注目したいとのこと。中間選挙については共和党勝利、民主党勝利の双方のパターンの想定もされているので是非放送のYouTubeアーカイブを見て頂きたい。

10月から銘柄のお悩み相談を承る「MY銘柄ご相談BOX」というコーナーが始まった。今週は6866日置電機についての相談で「下値のいいタイミングで買えたのだがそのまま持っていてよいものか?」というお困りというよりお悩み相談であった。 日置電機は各種テスターの製造を行っており、7月13日の2Q決算で業績を上方修正したが株価はほぼ反応せず、電機・半導体セクターの売りに巻き込まれて株価は大きく調整していた。3Q決算も好調で今期の業績進捗率は85%を超え再度の上方修正が見通せる水準にある。
直近の業績の進捗を追いかける業績進捗率投資に力を入れている個人投資家は多いが、業務内容を考えると精度が増すだろう。同社はEV向けのテスターが好調であり、足元のEV市場の拡大を考えると3Qの好業績も期待できただろう。逆に期待が過剰な銘柄は決算発表と共に失望売りで下落するパターンが散見されるため、期待されていない好業績企業の決算に注目してみるとよいだろう。

11月2日のオンデマンド放送はこちら

6866日置電機

6866日置電機

コード 銘柄名 市場 終値
(11/05)
注文画面
3109 シキボウ 東証1部 1,152
3230 スター・マイカ 東証1部 1,628
3673 ブロードリーフ 東証1部 639
4399 くふうカンパニー 東証マザーズ 720
4403 日油 東証1部 3,470
4595 ミズホメディー 東証JASDAQスタンダード 2,515
5331 ノリタケカンパニーリミテド 東証1部 5,830
6080 M&Aキャピタルパートナーズ 東証1部 4,900
6866 日置電機 東証1部 4,220
7169 ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング 東証JASDAQスタンダード 1,753
7201 日産自動車 東証1部 1,017
7995 バルカー 東証1部 2,633

執筆者

Bコミ(坂本 慎太郎)氏
こころトレード研究所所長

2002年から6年間証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。
2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、債券や株式のファンドマネージャーや運用計画の策定等の運用業務に携わる。
かんぽ生命退職後、個人投資家育成のため、中級者の個人トレーダーのスキルの穴埋めを目的としたこころトレード研究所を運営。
日本株を中心に短期は板読み、中長期はマクロ経済の方向感を押さえつつ、業績や資金動向等の需給に重きを置いた運用を行っている。
株式以外には債券、不動産、太陽光発電所等、様々な投資を行っている。 パンローリング社で「株のデイトレ・スイングトレード通信スクール」を運営。

こころトレード研究所

注意事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ