次の一手 ~市場の話題とテーマ~

2017年04月11日
岡三オンライン証券株式会社

低金利下の金融機関の運用をヒントに

リーマンショック後、各国で過剰な金融緩和が続いたが、日欧は異例の低金利が続いている。債券の低金利化は景気刺激に効果をもたらす反面、債券を運用している金融機関は難しい運用を迫られた。運用に必要な利回りを確保するために債券の年限の長期化や米国債の積み増しなどで対応しているがそれも限界が見えている。
金融機関の運用はポートフォリオにおける株式の比重を落とすことでリスクを低減させているが、低金利によって運用利回りを確保できなくなっており、REITや株式を増やした。
リーマンショック後は、アクティブファンドをスマートベータという時価総額以外の基準を重視して構成銘柄や組入比率を決める商品への資金の配分を増やす流れが続いている。スマートベータはアクティブファンドとパッシブファンドの中間のようなもので、代表的なものは「JPX日経インデックス400」。それ以外にファンダメンタル型、リスクを低く抑えてリターンを高める最小分散ポートフォリオ型、配当利回りやバリュエーションに着目した銘柄など多彩な商品が存在する。

金融機関(生保、銀行、年金等)の株式運用は必要な利回りを確保するために配当利回り型、リスクを小さく下落に強い最小分散型にウエイトをかけて運用してきたと考えられる。
今後も日銀の低金利政策はしばらく変更されないため、高配当株への資金流入は続くだろう。
高配当銘柄を組み入れた指数として「MSCIジャパン高配当利回りインデックス」と「野村日本株高配当70」が挙げられる。それぞれの指数に連動するETF「1577(NEXT FUNDS)野村日本株高配当70連動型ETF」、「1478iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF」が上場しており、少額から個人投資家も投資可能だ。

日足チャート(4/11大引け後)

日足チャート(4/11大引け後

個別で高配当株への投資を検討している投資家はどちらの指数に資金が流入しても買いインパクトが見込める点に着目。両指数に採用されているような銘柄からピックアップしてみてはいかがだろうか。

コード 銘柄名 市場 終値
(4/11)
注文画面
1478 iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF 東証ETF 1,923
1577 NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信 東証ETF 22,350
1878 大東建託 東証1部 15,700
2914 日本たばこ産業 東証1部 3,721
3405 クラレ 東証1部 1,694
4185 JSR 東証1部 1,873
4508 田辺三菱製薬 東証1部 2,331
4568 第一三共 東証1部 2,463.5
4704 トレンドマイクロ 東証1部 4,840
4902 コニカミノルタ 東証1部 963
5101 横浜ゴム 東証1部 2,106
5108 ブリヂストン 東証1部 4,456
5110 住友ゴム工業 東証1部 1,878
6113 アマダホールディングス 東証1部 1,287
6301 小松製作所 東証1部 2,824.5
6302 住友重機械工業 東証1部 763
7201 日産自動車 東証1部 1,020.5
7203 トヨタ自動車 東証1部 5,910
7267 本田技研工業 東証1部 3,182
7270 SUBARU 東証1部 4,080
7751 キヤノン 東証1部 3,417
8001 伊藤忠商事 東証1部 1,567
8002 丸紅 東証1部 689.9
8031 三井物産 東証1部 1,627.5
8035 東京エレクトロン 東証1部 12,185
8304 あおぞら銀行 東証1部 392
8729 ソニーフィナンシャルホールディングス 東証1部 1,743
9201 日本航空 東証1部 3,378
9432 日本電信電話 東証1部 4,851
9437 NTTドコモ 東証1部 2,624

執筆者

Bコミ(坂本 慎太郎)氏
こころトレード研究所所長

2002年から6年間証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。
2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、債券や株式のファンドマネージャーや運用計画の策定等の運用業務に携わる。
かんぽ生命退職後、個人投資家育成のため、中級者の個人トレーダーのスキルの穴埋めを目的としたこころトレード研究所を運営。
日本株を中心に短期は板読み、中長期はマクロ経済の方向感を押さえつつ、業績や資金動向等の需給に重きを置いた運用を行っている。
株式以外には債券、不動産、太陽光発電所等、様々な投資を行っている。 パンローリング社で「株のデイトレ・スイングトレード通信スクール」を運営。

こころトレード研究所

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ