Q&A

投資信託等の二重課税調整制度とは?

投資信託等(※)について外国株式への投資から得た利益が分配金に含まれている場合には、その投資信託等が外国において徴収された納税額(外国所得税額)と投資家が受け取る分配金に対する所得税額等で、二重に課税が行われている状態が続いていましたが、2020年1月1日以降に支払われる投資信託等(※)の分配金に対して、二重課税を調整する措置が行われます。外国株式等に投資する投資信託等をお持ちの方は、一定の条件により、分配金の課税後の手取り額が増える可能性があります。
なお、当社において分配金の課税計算を行うため、お客さまの方で必要なお手続きはありません。自動的に調整された結果は、年間取引報告書や支払通知書にてご確認いただけます。
※公募投資信託・ETF・REIT・JDRが該当します。

制度の内容と計算方法は以下のページでご確認ください。

投資信託等の二重課税調整制度(証券税制について)

また、日本株取引システム(証券総合取引口座)等にて表示される二重課税の対象となる分配金などの表示額は以下の通りです。

項目 内容
配当単価 委託会社などから提示される単価
数量 権利を取得された数量
配当金額 二重課税の計算対象となる分配金額(税引き前)
源泉徴収額 国内で源泉徴収される税額

この回答は役に立ちましたか

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239

携帯からは 03-5646-7532

携帯からは 03-5646-7532

受付時間 月~金 8:00~17:00※年末年始および祝日を除く

ページトップへ