サンプル解説
NT取引を仕掛ける

岡三RSS実践編 ~サンプルシート詳細説明~

提供者:株式会社テラス
「システムトレードのテラス(投資システム販売WEBサイト:http://openterrace.jp)」の運営、及びソフトウェア開発、シグナル配信・ソフト提供、セミナー等を行っている。日経225mini・FX・株式など投資プログラムの開発者・クリエーターは283名(2017/5/24時点)。

代表取締役社長 林芳郎
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。
1977年愛知県生まれ。東京理科大学大学院・建築学専攻。2008年に(株)テラスを設立。

システムトレードのテラス

(先物取引対応)「NT倍率」と「指標(NYダウ、ユーロドルなど)」の変化からNT取引を仕掛ける売買モデル(指標やパラメーターの変更可)

日経225mini(N)とミニTOPIX先物(T)のように相関が強い2つの投資可能な商品がある場合、この2つの投資対象の一方を「買い」、もう一方を「売る」ことで、サヤトリ(NT取引)を行うことができます。1つの投資対象のみを取引する場合よりもリスクが抑えられる傾向があります。

日経225先物とTOPIX先物でサヤトリ!NT倍率取引のススメ矢印

本サンプルシートでは自動で各種データを取得し、「日経225mini」と「ミニTOPIX先物」の売買シグナルを確認することができます。
各種パラメーターを変更することで、過去約3年間のシミュレーションを行いながら、ご自身に合った最適なトレードロジックを見つけ出すことができます。

売買ルールの概要

  • 【1】日中の大引け(15:15)時点の各種値を元に、ナイトセッションの寄付(16:30)で、エントリーもしくは決済を行います。ナイトセッションの寄付(16:30)以外での取引は行いません。
  • 【2】売買ルールはご自身でカスタマイズすることができ、設定したパラメーターでのシミュレーション結果(損益曲線や勝率などのパフォーマンス)を確認し自分自身で売買ルールを作り上げることができます。
    (変更項目例:利用指標、仕掛けタイプ(NT売り/NT買い/投資なし)、投資枚数、手数料など)
  • 【3】パラメーターを設定しておけば、日々15:15~16:30前の間に本サンプルシートを立ち上げることで、売買シグナルを確認できます。

サンプルシートのダウンロード

サンプルシートをダウンロードしてください。

サンプルシートのダウンロードはこちら矢印

目次

1. 基本アルゴリズム

売買判断のトリガーになる条件矢印

2. 効果検証

効果検証 ~過去約3年間のデータを使ったバックテスト~矢印

3. サンプルシートの詳細説明

サンプルシートの使い方矢印

注意事項

to_top