オンラインIR(企業紹介動画)オンラインIR(企業紹介動画)

東海カーボン株式会社

会社説明

代表取締役社長 長坂 一氏による企業概要についての説明。(2021年7月1日収録)

企業概要

炭素(カーボン)業界のパイオニア企業。
電炉向け黒鉛電極では世界第3位、カーボンブラックは国内トップシェア、生産量は世界で第5位。2017年から1,800億円を投じ海外M&Aを活用することで事業ポートフォリオの健全化を促進し、事業領域を拡大している。
2021年5月に公表した中期経営計画では、主力事業の成長軌道回帰、成長市場への注力により企業価値を拡大させるとし、環境に配慮した循環型社会の推進が叫ばれる中、自社排出分のCO2削減はもとより、環境負荷の低い電炉向けに高品質の黒鉛電極を安定的に供給することでも同社のプレゼンスを高める。
ESG指数の構成銘柄に選定されており、市場環境も同社に追い風となっている。

東海カーボン株式会社
企業HP https://www.tokaicarbon.co.jp/ 新しいウィンドウ
市場 東証 一部
銘柄コード 5301
業種 ガラス・土石製品
事業内容 様々な産業分野に欠かせないカーボン(炭素)製品の総合メーカー。自動車タイヤなどのゴム製品用補強材として主に使われる「カーボンブラック」(炭素の微粒子)では国内トップクラスのシェア。スクラップ(鉄くず)を溶かし鉄へリサイクルする電気炉製鋼の導電体として使われる「黒鉛電極」でも高シェア。

東海カーボン株式会社 IRページ

注意事項

  • 当ページはIR情報を紹介することを目的としており、特定の企業を推奨するものではありません。
  • 当ページの情報は企業が投資家向けに作成したものであり、当社で作成したものではありません。
  • 当ページに掲載されている内容に関して、当社はその内容および情報の正確性、完全性または適時性について保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
  • 当ページに掲載されている内容は、予告なく変更または削除することがあります。
  • お取引の最終決定は、契約締結前交付書面、目論見書等およびWebサイト上の説明事項等をよくお読みいただき、ご自身の判断と責任で行ってください。
ページトップへ