お知らせ

2019年07月01日
岡三オンライン証券株式会社

【重要】くりっく株365における新商品上場と現行商品の上場廃止について

2019/07/01
「Q&A 新商品の取引について」を更新しました。
2019/06/14
最終決済価格算出時の平均乖離率を更新しました。

東京金融取引所の株価指数証拠金取引(くりっく株365)は、2010年の上場以来9年目を迎え、口座数・証拠金残高ともに現在も拡大を続けております。

くりっく株365市場では、2017年後半以降、取引量の増大に伴う、建玉の積み上がりや需給の偏り等により、対象株価指数(現物価格)との価格差拡大や流動性の低下といった事象が発生するようになりました。
東京金融取引所では、市場の安定化を図るべく、「海外株価指数証拠金取引における適用金利の外貨金利への変更」や「株価指数証拠金基準額の引き上げ」、「マーケットメーカーの増加」等の対策を講じてきましたが、市場の状況によっては依然として価格差拡大が発生している状況です。

このため、東京金融取引所では市場の安定化と更なる拡大を図るため、対象株価指数との結びつきを強化する抜本的な対策が必要であると考え、現在上場されている4指数を対象に、決済期限を無期限ではなく、1年に1度だけ対象株価指数でリセット(最終決済)する新商品を2020年9月頃(予定)を目途に上場し、その後、現行の商品については、2021年3月を目処に上場廃止とすることといたしました。

新商品は、1年に1度リセット(最終決済)すること以外は現行の商品と何ら変わりなく、リセット日までの期間(最長で1年強)であれば建玉を保有し続けることができます。また、配当、金利相当額があること、ほぼ24時間、日本の祝日も取引ができることなどの商品特性は変更されない予定です。
このたびの新商品上場により、対象株価指数との価格差が縮小することに加え、スプレッドのタイト化、マーケットメーカーの増加等による流動性の向上などが見込まれております。

お客さまにおかれましては、現行商品が2021年3月(予定)に上場廃止されることにご留意いただき、お取引を行っていただきますよう、お願い申し上げます。

詳細な新商品の内容や日程等につきましては、東京金融取引所からの発表があり次第、あらためてご案内させていただきます。

東京金融取引所「取引所株価指数証拠金取引における現行商品の上場廃止と新商品上場について」

くりっく株365 証拠金残高と口座数の推移

直近のスプレッドの推移(当社調べ)

新商品について

上場時期
2020年9月(予定)
主な変更点
決済期限を無期限ではなく、1年に1度だけ対象株価指数でリセット(最終決済)
その他の商品特性については変更なし(予定)
対象株価指数 現行上場商品 新たに上場予定の商品(仮称)
日経平均株価 日経225証拠金取引 リセット日付き日経225証拠金取引
NYダウ NYダウ証拠金取引 リセット日付きNYダウ証拠金取引
DAX® DAX®証拠金取引 リセット日付きDAX®証拠金取引
FTSE100 FTSE100証拠金取引 リセット日付きFTSE証拠金取引
移行方法
現時点での移行方法(案)は、以下のとおりです。
① [2020年9月] 2021年12月リセット日付き新商品の上場
② [2021年3月] 現行商品の上場廃止
③ [2021年9月] 2022年12月リセット日付き商品の取引開始

(イメージ図)

目的
対象株価指数(現物価格)との価格差縮小
スプレッドのタイト化
マーケットメーカーの増加等による流動性の向上

現行商品について

上場廃止時の取引最終日に未決済建玉を保有している場合は、最終決済価格により、全て決済されますのでご留意下さい。

上場廃止時期
2021年3月(予定)
最終決済価格
以下の方法により、決定します。

最終決済価格 =
上場廃止日の最終清算数値(※1) × (1 + 2019年5月24日以前の平均乖離率(※2) - 2019年5月24日以後の平均乖離率(※2))

  • ※1最終清算数値:同じ対象株価指数を原資産とする先物取引の満期日決済に用いられる清算数値
  • ※2平均乖離率:くりっく株365の気配値仲値と対象株価指数との公表日を起点とした前後2週間の乖離率の平均

公表日前後2週間の平均乖離率

商品 公表日前2週間の平均乖離率
(a)
公表日後2週間の平均乖離率
(b)
公表日前後2週間の平均乖離率の差
(a)-(b)
日経225証拠金取引 0.322% 0.326% -0.004%
NYダウ証拠金取引 -0.018% -0.106% 0.088%
DAX®証拠金取引 -0.156% -0.135% -0.021%
FTSE100証拠金取引 1.989% 1.756% 0.233%

取引最終日における未決済取引に適用する最終決済価格を算出する計算式は以下のとおりとなります。

商品 最終決済価格を算出する計算式
日経225証拠金取引 上場廃止日の最終清算数値 × 0.99996(=1+0.322%-0.326%)
NYダウ証拠金取引 上場廃止日の最終清算数値 × 1.00088(=1-0.018%+0.106%)
DAX®証拠金取引 上場廃止日の最終清算数値 × 0.99979(=1-0.156%+0.135%)
FTSE100証拠金取引 上場廃止日の最終清算数値 × 1.00233(=1+1.989%-1.756%)

最終決済価格は小数点以下を四捨五入して算出いたします。

お客さまにおかれましては、現行商品が新商品上場後の2021年3月に上場廃止予定であり、取引最終日に未決済建玉は取引所の定める最終決済価格により決済されることにご留意いただき、お取引を行っていただきますよう、お願い申し上げます。

なお、上記の内容は東京金融取引所が当局から認可を得られることを前提としており、変更となる場合がございます。

Q&A

現行商品から新商品への移行について

  • Q1新商品の上場にあたり、新たに口座を開設する必要はありますか?
  • A1既に岡三オンライン株365取引口座を開設いただいているお客さまは、新商品上場に伴う新たな口座開設は必要ありません。

  • Q2現行商品の含み損益を新商品に引き継ぐことはできますか?
  • A2建玉を引き継ぐことができないことから、含み損益を新商品に引き継ぐことはできません。

  • Q3現行商品と新商品が同時に上場されている期間はどのくらいですか?
  • A3約半年間の予定ですが、新商品の詳細な内容が未確定のため、確定次第、お知らせします。

  • Q4上場廃止日までに決済をしましたが、資金は岡三オンライン株365口座に入れたままです。資金移動は必要ですか?
  • A4資金移動の必要はありません。引き続き、岡三オンライン株365取引口座でお取引できますので、上場後の証拠金としてお使いいただけます。

  • Q5乗り換えを行う場合、手数料はかかりますか?
  • A5通常のお取引と同様に発生いたします。

新商品の取引について

  • Q1新商品の上場日はいつですか?
  • A1新商品の上場は、2020年9月を予定しております。

  • Q2リセット、リセット日とは何ですか?
  • A2リセットとは1年に1度だけ対象株価指数で最終決済することです。また、リセット日とは、対象の建玉のリセットが実施される日を指します。

  • Q3岡三オンライン株365の取引ツールはそのまま使えますか?
  • A3岡三オンライン株365の取引ツールは引続きお使いいただけます。

  • Q4取引手数料の変更はありますか?
  • A4取引手数料は1枚あたり153円(税込)で、現時点で変更の予定はありません。

  • Q5新商品で取引できる株価指数は現行と同じですか?
  • A5現行と同じ株価指数を対象とした4商品(日経225、NYダウ、DAX®、FTSE100)が上場予定です。新商品の名称につきましては、確定次第お知らせします。

  • Q6自動的に次のリセット日まで乗り換えは出来ますか?
  • A6新商品への乗り換えはお客さまご自身で行っていただく必要があります。

  • Q7リセット日が異なるが、同じ対象株価指数の価格は同じですか?
  • A7新商品の詳細な内容が未確定のため、確定次第、お知らせします。

  • Q8リセット日が異なるが、同じ対象株価指数の配当、金利は同じ額ですか?
  • A8新商品の詳細な内容が未確定のため、確定次第、お知らせします。

  • Q9リセット日が異なるが、同じ対象株価指数の建玉で売りと買いを持った場合、証拠金は相殺されますか?
  • A9新商品の詳細な内容が未確定のため、確定次第、お知らせします。

  • Q10リセット日まで建玉を持っていた場合はどうなりますか?
  • A10リセット日における対象株価指数の価格で最終決済されます。

  • Q11リセット日の決済価格はどのように計算されますか?
  • A11新商品の詳細な内容が未確定のため、確定次第、お知らせします。

  • Q121年に1度決済が必要ということですが、決済される日は購入からちょうど1年後ですか?
  • A12決済される日(リセット日)は銘柄毎に定められた日付です。そのため、保有可能な期間は購入日からリセット日までとなり、必ずしも1年後となるわけではありません。

現行商品について

  • Q1どうして商品性の見直しを行うことになったのですか?
  • A1昨今のくりっく株365の取引量は増大しており、建玉の積み上がりや需給の偏り等によって、対象株価指数との価格差の拡大や、流動性が枯渇する事象が発生するようになりました。
    今回の見直しにより、対象株価指数との価格差縮小、流動性の確保やスプレッドの縮小によって、市場の安定化と更なる拡大を図ることを目的としています。

  • Q2どうして現行の商品を上場廃止にするのですか?
  • A2今回の商品性変更は、市場の安定化を目的としていることから、変更点を明確にし、お客さまへの注意喚起も図れることから、現行商品の上場を廃止し、新商品を上場することとなりました。

  • Q3現行商品の最終決済日はいつですか?
  • A3現行商品の最終決済は、2021年3月を予定しております。

  • Q4最終決済時には取引手数料はかかりますか?
  • A4通常のお取引と同様に1枚あたり153円(税込)の取引手数料が発生します。

ご注意事項

  • 上記内容は東京金融取引所が当局から認可を得られることを前提としており、変更となる場合がございます。
  • お客さまにおかれましては、現行商品が新商品上場後の2021年3月に上場廃止予定であり、取引最終日に未決済建玉は取引所の定める最終決済価格により決済されますので、ご注意ください。

ご不明な点がございましたら、コールセンターまでお問い合わせください。



口座をお持ちのお客さま

口座をお持ちでないお客さま

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ