お知らせ

2013年01月01日
岡三オンライン証券株式会社

平成25年 新年のご挨拶

平成25年 新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。
 平素は岡三オンライン証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 株式市場、為替市場に明るい兆しが感じられる年明けとなりました。日経平均株価は昨年8月以来5ヶ月連続の陽線となり、昨年は年初来高値で最終取引を終えました。小泉内閣の意を決した取り組みを好感した2003年の反転相場以来の力強い動きと言えそうです。昨年11月の安倍首相(当時 総裁)の発言を皮切りにして、日本復活に向けての強い期待感が、世界情勢の落ち着きとともに勢いを増していると感じられます。

 本年はいよいよ新政権の経済対策が、デフレ脱却を実現するために動き始めます。また、為替の円安への水準訂正もこれと歩みを併せて順調に進むことで、相場の大転換点になる可能性が高いと大いに期待しているところです。

 わけて今年の株式市場では、信用取引の規制緩和が行われ、個人投資家にとっての資金効率が格段に向上することとなります。信用取引の売買高や流動性が大幅に増加するのに加え、資金効率の点で外国為替証拠金取引を選好されていたお客さまの株式投資への関心が高まり、信用取引顧客の裾野が一気に拡大することも想像に難くはありません。

 岡三オンライン証券ではこの変化を的確に捉え対応を図ると共に、業界最低水準の取引コストと、多くのお客さまから大変高い評価を頂いている高機能取引ツールに磨きをかけることで、当社のお客さまには規制緩和のメリットを最大限に享受頂けると考えています。

 そして、今年は私ども岡三証券グループが創業90周年を迎える年となります。岡三証券グループは、「すべてはお客さまのために」を理念にかかげつつ、多くのお客さまの支持をいただきながら、長い歴史を歩んでまいりました。岡三オンライン証券は、岡三証券グループの節目を契機に、グループ総力を上げてお客さまに選ばれるためのアクションを起こしてまいりたいと考えております。

 さて、今年の干支は癸巳(みずのとみ)年。戦後5回の巳年の日経平均の当落は3勝2敗で、上昇率は4.8%と十二支の中では9番目と振るわず、1929年の世界大恐慌、1953年はスターリン・ショックなど記録的な急落も経験しました。ただし、見方を変えれば巳年は相場の大きな転換点を示す年とも言え、記憶に新しいところでは1989年と2001年はその後調整相場となる一方で、1953年・1965年・1977年の3回は、調整相場からの大相場への入り口へと大転換した年でした。

 また、生き物としてのヘビは、毒を持ち、噛み付く獰猛な生き物として恐れられる反面、脱皮を繰り返すことで若返りや生命力の象徴ともみなされております。毎年のように交代を続けた首相交代劇にピリオドを打ち、政権交代という脱皮を遂げた新政権に、そして、二度目を迎えて一皮むけた安倍首相の実行力に、日本再生に向けた明るい年、生命力あふれる日本復活を是非とも期待したいところです。

本年もよろしくお願いいたします。

口座をお持ちのお客さま

口座をお持ちでないお客さま

このページを見た人は
次のページも見ています

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ