岡三オンライン証券 OKASANONLINE SECURITIES

  • 岡三オンライン証券トップ 岡三オンライン証券トップ
  • 岡三ネットトレーダーシリーズトップ 岡三ネットトレーダーシリーズトップ

投資家スタイル ハンドルネーム M.Sさん

投資家スタイル
  • ミニ
  • 岡三ネットトレーダー
現物株で苦戦していましたが、レバレッジが効く、買い売りで入れる点から日経225先物取引を始めました。個人投資家にとって手数料の安さは重要だと思います。

先物・オプションのお取引動機

先物取引を始めたきっかけは、以前から日本株の取引でなかなか思うような成績をあげることができず、いろいろ模索していたところ、先物・オプション取引というものがあることを知ったのが始まりです。
225先物では株の現物取引と比べて、レバレッジをかけて少ない証拠金で取引できる点、買いでも売りでも入れる点、さらに日経平均株価(日経225)指数を対象とする取引ということで、大きな流れを予測できれば勝負できる、という点に魅力を感じ取引を開始しました。

取引を開始する際、どちらの証券会社で取引を開始してみるか、いろいろ調べて検討してみたところ、岡三オンライン証券さんの手数料が安かったことと、ツール群が充実していたことをきっかけに口座を開設しました。

お取引スタイルについて

取引ツールは岡三ネットトレーダーを利用しています。
取引はスイングトレードが基本ですが、日中、チャンスと思えるような場面では1回のポジションでの枚数を増やし、短時間(5~30分)で細かく取引をしています。
私の場合、ボックス相場が比較的取り易いこともあり、自分なりの予測ボックスの中で複数のポジションをとることがしばしばあります。アクティブ取引コースで必要証拠金が下がった分、持てるポジションの余裕が増えますので、そこは大変助かっています。
やはり限度のある資金の中で、チャンスの時に取引枚数を増やせるという利点は大きいです。

確度の高いチャンスの時に勝負を逃すと心情的に(損はしていませんが)悲しいので。。。

先物・オプション取引サービスで他の投資家にオススメしたいこと

私が実際に利用してみて、岡三オンライン証券さんの先物・オプション取引でお勧めできる点としては、やはり「手数料の安さ」と「ツール群の豊富さ」にあると思います。
手数料は225先物miniの場合、片道42円(※2011年7月現在。2014年4月に43円に改定)と他社に比べて安く、デイトレードで複数回取引してもほとんど気になりません。
日経225オプションでも、0.168%(※2011年7月現在。2014年4月に0.1728%に改定)と他社より安く、金額が大きい取引をされる方にはより大きな魅力となるかと思います。

相場という世界、始めていきなり利益をコンスタントに出すことは難しいです。
失敗して損をだしたとしても、少ない金額でもいいので継続して続けていく事が、この世界では非常に重要だと思います。

トライ&エラーを繰り返しながら挑戦していく、その為には岡三オンライン証券さんのような手数料の安さが、個人投資家にとっては大変重要です。

取引ツールについては、ツールの種類と使いやすさが岡三オンライン証券さんは際だっていると思います。
看板ツール「岡三ネットトレーダー」は初心者にも扱い易く、画面のレイアウトの自由度や、情報の豊富さで他社のツールを圧倒しています。

特に、その最高峰である「岡三ネットトレーダー プレミアム」は自由度の高さ、豊富な情報パネルにおいて、一度利用すると他社のツールを触ったときに、「あれ、岡三のはできたのにここ(の会社のツール)はできないのか」といったことがよくあります。

私のようなツールマニアには大変嬉しい充実ぶりですが、「ツールはとりあえず発注できればいい」といった方の為にも、「岡三ネットトレーダー ライトF」といった余分な機能を省いた発注ツールがありますので、「難しそう。。。」と感じられている方はとりあえずこちらから利用してみるのもいいかもしれません。

オススメの機能について通常のお取引の際に、どのような取引画面のレイアウトで誤使用されていますか。

画像
拡大して表示する

画面中央には板情報と先物OPSS注文、歩み値を表示し、現在の状況がすぐにわかると共に、流れに合わせて即座に注文を入れられるようにしています。

画面左側には分析チャートを2種類、一目均衡表とボリンジャーバンドを参考に、押し目買いのポイントを探っています。
画面右側にはマーケット情報と建玉を表示しています。
マーケット情報では主にニュースを確認、今後の展開について参考にしています。

特にお勧めなのが、配信されるニュースの豊富さです。

メジャーなものからコアな情報まで、相場を張る人にとっては有益な情報がタイムリーに配信されますので、これからの相場展開を予測する上で非常に役立ちます。

もちろん玉石混淆ですので、あれもこれも参考にしていたらどっちつかずの判断になりかねませんので、そこは自分の相場観と併せて参考にするニュースを取捨選択するようにしています。

個人情報保護方針 | 投資勧誘方針 | 最良執行方針 | 重要事項の確認 | 本サイトのご利用にあたって | システム障害時の対応 | 商品リスク・手数料等重要事項

商号等 : 岡三オンライン証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第52号

加入協会 : 日本証券業協会日本証券業協会 金融先物取引業協会一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会