先物取引の売買シミュレーション

先物取引の売買シミュレーション

先物取引は、買建価格(売建価格)と転売価格(買戻価格)の差額で決済を行います。つまり、買いからも売りからも取引を開始することができるので、相場の上がり、下がりどちらの局面でも利益を狙うことができます。
「買い」からはじめた場合は、「売り(返済)」をすれば決済完了。「売り」からはじめた場合は、「買い(返済)」をすれば決済完了となります。ただ、取引最終日までに決済しないとSQ決済といって、SQ=特別清算指数で決済されることになります。SQについては「先物取引ルールの限月とSQについて」をご覧ください。

では、日経225先物を例に先物取引の売買シミュレーションをしてみましょう。

日経225先物を1枚買い⇒売り(返済)

日経225先物を1枚売り⇒買い(返済)

ページトップへ