先物取引のルール

先物取引のルール

日経225先物、日経225miniは、日経平均株価をもとにした金融派生商品であり、現物取引にはない独自のル-ルが存在します。取引を始める前に必ず理解しておきたい特徴について解説します。
下表は、日経225先物、日経225miniの特徴をまとめたものになります。表の内容をご確認ください。項目ごとに解説します。

  日経225先物 日経225mini
取引単位 指数×1,000 指数×100
値段の刻み 10円 5円
取引時間 8:45~15:15(日中取引)
16:30~翌6:00(夜間立会)
限月 シリアル限月(メジャー限月以外の限月取引)を含め、
メジャー限月の直近2限月先まで

※取引最終日の10営業日前の夜間立会よりメジャー限月の
3限月先の取引が可能となります。
取引最終日 各限月の第2金曜日の前日
最終決済 各限月の第2金曜日にSQで決済
証拠金 売り手・買い手ともに必要

取扱い商品について

先物取引では株価指数を対象として商品が組成されています。岡三オンライン証券では、日経平均株価やTOPIXをはじめ様々な指数を対象とした商品をご用意しています。

取扱商品
日経225先物 日経225mini先物 TOPIX先物
ミニTOPIX先物 JPX日経インデックス400先物 東証マザーズ指数先物
NYダウ先物 日経平均VI先物 TOPIX Core30先物
東証REIT指数先物

取引単位と値段の刻み

取引単位は、価格(=指数)をそれぞれ日経225先物取引は1,000倍、日経225mini先物取引は100倍した金額となり、それぞれの単位に対する数量を1枚、2枚と数えます。

例)日経平均株価が20,000円の場合の取引金額

日経225先物 ・・・20,000円×1,000(単位)×1枚=2,000万円
日経225mini ・・・20,000円×100(単位)×1枚=200万円

また、値段の刻みについては、日経225先物は10円刻み、日経225miniは5円刻みとなっています。つまり、日経225先物の場合、20,000円、20,010円、20,020円など10円刻みの値段で注文でき、相場も10円刻みで変動します。

取引時間

株式の取引時間は日中に限られていますが、先物取引・オプション取引は株式と異なり、夜間取引(ナイト・セッション)があるので、夜間も取引することが可能です。取引上のルールでは、16:30の夜間取引開始から翌営業日の15:15の日中取引終了までを「取引日」としています。下図の日中取引、夜間取引(ナイト・セッション)の時間中はザラバ取引が可能です。また、プレ・オープニング(日中8:00~8:45、夜間16:15~16:30)とプレ・クロージング(日中15:10~15:15、夜間翌5:55~翌6:00)の時間は注文の受付のみで取引は成立しません。プレ・オープニング時間の終了とともに、板寄せ(オープニング・オークション)が行われ、ザラバへ移行します。

限月とSQについて

限月

先物取引には、銘柄ごとに取引できる期限(期日)が定められており、これを限月(げんげつ)といいます。先物取引を行なう際には、この限月を選んで注文します。日経225先物・日経225miniは、各限月の第2金曜日の前営業日の日中取引終了までしか取引できません。3月・6月・9月・12月の限月をメジャー限月と呼び、通常最も取引量が多く、それ以外の限月(シリアル限月)よりも流動性が高い限月となります。

SQ

先物取引の決済方法の1つになります。SQとは「特別清算指数(=Special Quotation)」のことで、限月の第2金曜日の日経225各銘柄の寄付値を基にした数値のことです。期日を迎え最終売買日までに決済されなかった建玉は、SQで強制的に清算が行われることになります。SQ値については、大阪取引所がその日の大引け後に発表します。

証拠金

証拠金とは先物取引の契約義務の履行を確保するために差入れまたは預託する保証金をいいます。証拠金の金額はSPAN証拠金またはプライス・スキャンレンジを参考に各証券会社が設定しています。当社は株式会社日本証券クリアリング機構が公表しているSPAN証拠金額を参考に算出します。

証拠金の計算

必要証拠金=SPAN証拠金額×掛目
(※オプション建玉がない場合)

当社ではお取引のコースによって適用される上記の掛目が異なります。通常取引コースでは「(SPAN証拠金額×120%)」で計算しています。また、アクティブ先物取引コースの日中取引のSPAN証拠金に対する掛目は50%以上とし、指数またはSPAN証拠金の変動状況に応じて当社の任意で変更します。現在設定されているSPAN証拠金額に対する掛目・各商品の必要証拠金額はこちらで確認できます。

資金効率の良いアクティブ先物取引コースの詳細はこちら

証拠金については、上記計算方法により算出します。「必要証拠金=最低維持証拠金」であり、相場状況によっては、最低維持証拠金を割り込む可能性があり、この水準を割り込んでしまうと追加で証拠金を求められます。これを追加証拠金(追証)といいます。

例)証拠金を20万円差し入れ、相場が上昇すると予想し、日経225miniを20,000円で1枚買建てたが、予想と反対に相場は下落し、18,000円まで下落した。(必要証拠金額10万円/枚として計算)

・ポジションの評価損:(18,000円-20,000円)×100(単位)×1枚=20万円の損失
・証拠金残高:20万円-20万円=0円

証拠金残高が0円になってしまっているので、追加証拠金を差し入れていただくことになります。
※実際には証拠金の残高がゼロになる前に当社から通知いたします。

ページトップへ