先物取引の魅力

先物取引の魅力

①銘柄選びが簡単

先物取引の代表的な商品として日経平均株価やTOPIXなどの株価指数を対象(=原資産)とした日経225先物やTOPIX先物があります。その名の通り、日経225先物は、日経平均株価が対象指数の商品で、TOPIX先物は、TOPIXが対象指数の商品となっています。株価指数を投資対象とするため株式のように個別銘柄の選択、分析が必要ありません。

②リスク分散効果が期待できる

株価指数への投資は株価指数を構成する多数の銘柄に投資することとなります。株式投資のように個別銘柄に投資することと比較してリスク分散効果が期待できます。また、株式投資では、倒産により資産価値がゼロになる可能性がありますが、多数の銘柄で構成されている株価指数への投資であれば、仮に1銘柄が倒産しても無価値にはなりません。

③資金効率の良い証拠金取引が可能

先物取引は証拠金取引の1つです。証拠金(=担保)を差し入れることで少ない元手で大きな取引(=レバレッジ取引)ができます。

【レバレッジ取引について】
例)日経225先物を1枚(=1単位)買建する場合(手数料等は考慮せず)

日経225先物の取引単位は「1枚=日経平均株価指数の1,000倍」です。日経225先物価格が20,000円であったとすると、1枚あたりの取引金額は20,000(円)×1,000(1枚)の2,000万円となります。 2,000万円の取引金額に対してどのくらいの証拠金が必要になるかというと、79.2万円(2019年4月1日時点)となります。
つまり、79.2万円の証拠金を差し入れることで、およそ25倍の2,000万円の取引が可能となるのです。

2,000万円÷79.2万円=25.25倍

発注時に必要となる証拠金については商品毎に異なります。各商品の必要証拠金についてはこちらをご確認ください。

④下げ相場でも利益が狙える

信用取引のように先物取引では価格の上昇局面でも下落局面でも利益が狙えます。価格が上昇すると思えば買いから、下落すると思えば売りから取引することができます。

⑤夜間でも取引が可能

株式の取引時間は日中に限られていますが、先物取引は株式とは異なり、夜間取引(ナイト・セッション)があるので、夜間も取引をすることが可能です。株式市場終了後にも取引をしたい場合や、日中はお仕事等で忙しい方でも、取引をすることが可能です。

ページトップへ