投資情報 一日の動き

2018年02月22日(木)の動き

本日の予定

  • 20年利付国債(2月債)入札(財務省、発行予定額:1兆円程度)
  • 米・2月11日-17日の新規失業保険申請件数
  • 米・7年国債入札(発行予定額:290億ドル)
  • 独・2月のIfo企業景況感指数、予、117.0
  • 米・決算発表-ニューモント・マイニング等

タイムライン

マーケットポイント

02月22日 11:03
安値21,626円、344円安まで売られ、自律反発の半値押し21,551円手前で下げ渋りを見せている。米国株急落のきっかけであった長期金利上昇への悪夢が警戒され、様子見気分が強まっている。
02月22日 8:48
テクニカル面では25日、75日線のデッドクロス形成で戻り相場への期待感はやや後退した。一方、下値サポートの5日線21,846円を下回ると2/14安値から2/19高値の半値押しに当たる21,551円が下値支持線として意識される。
02月22日 8:43
日本株はNYダウの続落が心理的重しとなり、売り優勢の始まりとなろう。ただ、為替は107円台で落ち着いていることや、PER13.03倍など割安感も意識され、引き続き中・小型株中心の個別物色の展開となろう。CMEは21,855円、115円安。
02月22日 8:43
米国市場では、長期金利を眺めて株価が上下する展開となっているが、当面インフレ指標が材料視され、不安定な動きが続きそうだ。28日のパウエルFRB新議長の議会証言での経済・金融情勢についての表明が注目される。
02月22日 8:42
FOMC議事要旨では「緩やかな利上げが適切」と従来と変わらない表現で一時303ドル高まで上昇したが、債券市場では売りで反応し、10年債利回りは4年超ぶりの高水準まで上昇。株式市場は金利上昇への過剰反応もあって売り圧力が強まった。
02月22日 8:41
NYダウはFOMC議事要旨で追加利上げに前向きな姿勢が示されたことで、長期金利が上昇。これを嫌気し続落した。終値は24,797.78、166.97ドル安。ナスダック指数は16.08pt安。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ

日経225

ドル円