投資情報 一日の動き

2018年09月18日(火)の動き

本日の上値・下値焦点

「本日の上値・下値焦点」は都合によりお休みいたします。

本日の予定

  • 韓国大統領が北朝鮮を訪問(~20日)
  • 夏季ダボス会議(天津、~20日)
  • 第73回国連総会(~10月1日、ニューヨーク)
  • 日本銀行、政策委員会・金融政策決定会合(1日目)
  • 決算発表-ツルハHD 等
  • 米・9月のNAHB住宅市場指数(予:66)

タイムライン

マーケットポイント

09月18日 14:05
14時現在の売買代金は1.97兆円。戻り待ち売りを吸収し、2.6兆円ペースの拡大で上値追いへの期待は大きい。今週イベントの日銀会合、自民党総裁選は織り込み。21日の日米通商会議が鍵を握る。
09月18日 12:45
安倍首相の3選で大型経済対策への思惑から2/1高値23,492円を射程にいれた。3日続伸で860円強上昇による警戒感はあるものの、物色範囲の広がりが全体を押し上げている。値上がり1,766、値下がり293。
09月18日 11:02
TOPIXが上値抵抗線の1,740ptを上回り、日経平均の上昇を後押ししている。23,300円台を回復。値上がり1,482、値下がり532。TOPIXは金融機関の9月末決算対策の売り一巡が指摘される。
09月18日 9:49
日経平均は2/2の窓23,122円を埋め2/1高値23,492円を目指す展開。TOPIXは1,739ptと上値抵抗線の1,740ptを射程にとらえた。上抜ければ200日線1,763ptが視野に入る。
09月18日 9:18
トランプ大統領は中国への第三弾の追加関税を24日に発動すると発表。市場では寄り付きこそマイナスに反応したが、想定の範囲で、出尽くし感から上値を追う展開。23,160円台にのせた。値上がり銘柄1,168、値下がり787。
09月18日 8:10
テクニカル面では5月からの23,000円の節目を上抜いた意味は大きい。今週は大台をキープして足場を固められるかが焦点となる。短期的には2/2高値23,367円を目指す局面と捉えられる。
09月18日 8:03
祝日明けの東京市場は軟調な米国株と堅調な為替相場との綱引きの展開となろう。ただ米中通商問題を巡る懸念は重しになりやすい。日銀会合や自民党総裁戦後はレンジ切り上げのチャンスとなるかが注目。CMEは23,015円、45円高。
09月18日 7:49
大手メディアが第3弾の追加制裁措置を17か18日に表明するとした。これに対し中国は月内に予定されている貿易協議を拒否すると報じられた。又、利上げ加速懸念でリスク回避からハイテク株に売りが広がっている。
09月18日 7:45
NYダウは中国に対する巨額の制裁関税の発動を懸念して5日ぶりに反落。終値は26,062.12、92.55ドル安。ナスダック指数は7,895.79、114.25pt安。

動画 株と為替の売買シナリオ

※本日(9/18)の株と為替の売買シナリオは都合によりお休みいたします。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ

日経225

ドル円

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ