投資情報 一日の動き

2018年07月20日(金)の動き

本日の上値・下値焦点

  • 日経225

    日経225
    ※画像クリックで拡大表示します

  • ドル円

    ドル円
    ※画像クリックで拡大表示します

上の画像は、当社投資情報部内で、朝のブリーフィングを行った際に使用したものです。ピンクは中心価格帯、ブルーは上下焦点を表わしています。

本日の予定

  • 消費者物価指数(全国6月、除生鮮、前年比 予:+0.8%、総務省)
  • コンビニエンスストア売上高(6月、日本フランチャイズチェーン協会)
  • 全産業活動指数(5月、前月比 予:±0.0%、経済産業省)
  • 米・決算発表-GE 等

タイムライン

マーケットポイント

07月20日 9:46
米国株安・円高から46円安まで売られたが、先物の買戻しから22,808円とプラス転換。値上がり銘柄903、値下がり銘柄1002。東海カーボンが2018年12月期営業利益前期比6倍増の700億円と報じられ、個別物色人気が強まっている。ファーストリも買われ24円寄与。
07月20日 9:11
週末の東京ドル円は20日ゴトービとして仲値注視。但し、昨2時頃の112.85からの急落帯が112.50近傍までしか回帰できておらず、需給頼みでの112円後半回帰は難しそう。下値焦点は112.25-20
07月20日 8:20
テクニカル面では高値圏で陰線足を連続で引いた。ここで自律反発一巡だと再び自律調整局面が視野に入る。短期的には5日線22,608円の下値維持力を試す。下回ると75日線22,312円付近が意識される。
07月20日 8:14
NYドル円安値112.045、終値112.46。自動車輸入制限の公聴会ではロス米商務長官は慎重さを呼びかけ無風。7月フィリー指数好調判明後はトランプ発言「金利上昇喜ばしくはない」で動意幅拡大。NY関係者曰く恣意的仕掛けか
07月20日 8:04
日本株は米国株や為替の動向に左右されやすい。昨日は5日ぶりに反落となり、23,000円が壁として意識されている。CMEは22,705円、85円安。週末を控える中、買い材料に乏しくやや円高に振れており、利益確定売りが出やすい。
07月20日 8:01
米中貿易摩擦激化の懸念も相場の重しとなった。特に人民元安に歯止めがかからず、市場の波乱要因になるとの指摘は多い。NYダウは25,000ドルの下値支持力が試される。
07月20日 7:58
ダウ銘柄のクレジットカード株のアメックスと保険大手トラベラーズの業績に対する失望売りが相場の下押し要因となった。一方、IBMは増収増益で買いが集まっている。
07月20日 7:55
NYダウは冴えない一部企業の決算発表を受けて6日ぶり反落。5日続伸で高値警戒感から利益確定売りが出た格好だ。終値は25,064.5、134.79ドル安。ナスダック指数は7825.3、29.15pt安。

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ

日経225

ドル円

岡三オンライン証券の口座をお持ちでないお客さま

当社ではじめて取引されるお客さまへ

岡三オンライン証券の口座をお持ちのお客さま

パスワードをお忘れの場合

お電話でのお問い合わせ

0120-503-239(携帯からは03-5646-7532)

【受付時間】月~金 8:00から17:00 ※年末年始および祝日を除く

ページトップへ