プレスリリース

2020年09月18日
岡三オンライン証券株式会社

悪意のある第三者による不正アクセスに関するお知らせ

当社の一部のお客さま口座に対し、悪意のある第三者による不正アクセスが行われたことが判明いたしました。

お客さまには多大なご迷惑及びご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

なお、現時点におきまして、悪意のある第三者によって不正にアクセスされた口座におけるお客さまの保有資産の売却や出金などによる資産の流出はないことを確認しております。

  • 1.経緯

    当社は様々な形で不正アクセスに対するモニタリングを行っており、不審なアクセスが検知された場合は精査のうえ、該当するお客さまへのご連絡などの対応を行っております。その過程において、お客さまから身に覚えのないパスワードロックがかかっているとのお申し出があり、調査を行ったところ、不審なIPアドレスから一部の口座に対する不正アクセスが試みられ、そのうち208口座でログインされたことが判明いたしました。
    当社では、本件発覚後、これらの口座のログイン規制及び出金規制を行ったうえで、お客さまには個別にご連絡をさせていただいております。

  • 2.不正アクセスの状況(2020年9月18日15:00時点)

    不正アクセスが行われた可能性がある口座数:208口座
    不正アクセスが行われた時期:2020年9月15日から9月17日

    悪意のある第三者は、何らかの方法により入手したお客さまのログインIDなどを用いて、当社の株取引ツールへの不正アクセスを試みており、当社のシステムからログインID及びログインパスワードが不正取得されたものではございません。悪意のある第三者によって不正にアクセスされた口座におけるお客さまの保有資産の売却や、出金などによる資産の流出はないことを確認しております。

  • 3.再発防止策について

    引き続き、当社では本件に関する調査と原因の究明を行い、再発防止に向けた取り組みを一段と強化してまいります。

    • 不正アクセスに対する監視及びモニタリング体制の強化
    • 不正アクセス検知システムによる新たな攻撃手法への対応
    • 不審なIPアドレスからのアクセス排除
    • 特定の操作に対してお客さまに通知する機能の導入
    • 出金先銀行口座登録における本人確認機能の強化
  • 4.お客さまへのお願い

    ログインIDやパスワード等につきましては、第三者に知られぬようご自身で厳重に管理していただきますようお願い申し上げます。
    なお、当社がお客さまに対して、「ログインID」や「ログインパスワード」、「取引パスワード」、「マイナンバー」をお尋ねすることはありません。そのようなお問い合わせがあった場合でも、ご回答されないようお気を付けください。
    また、身に覚えのない取引等の発見または防止の観点から、定期的にお預り残高をご確認いただき、ご不明な点がございましたら、速やかに当社コールセンターまでお申し出ください。

    さらに、万が一の場合の被害拡大防止の観点から、他のインターネットサービス、特に他のオンライン証券やインターネットバンキングなどと同一のログインIDやパスワードのご利用は避けていただくようお願いいたします。

    現在、ウェブサイトからの出金先金融機関口座の登録・変更は停止しており、郵送による手続きのみとさせていただいております。出金先金融機関口座の登録・変更の手続きの詳細につきましては、当社ウェブサイトをご覧ください。

なお、9月19日(土)、20日(日)につきましては、9:00から17:00まで、お問い合わせを受け付けております。

本プレスリリースのPDF版はこちら

ページトップへ