プレスリリース

2019年09月06日
岡三オンライン証券株式会社

東郷証券株式会社との事業譲渡契約締結及び対面型「サポートコース」新設のお知らせ

当社は東郷証券株式会社(所在地:東京都港区、代表者:代表取締役 吉本 俊二)との間で、取引所為替証拠金取引(くりっく365)及び、取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)に係る事業を譲り受ける契約を本日締結し、新たに対面でお客さまにサービスを提供する「サポートコース」を新設いたしますので、下記のとおりお知らせいたします。

1.事業の譲り受けの理由

当社は、2007年4月より、取引所為替証拠金取引(くりっく365)、2010年11月より、取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)の取扱いを開始し、お客さまのニーズに沿ったサービスの提供に努め、多くのお客さまにご支持をいただいてまいりました。このたび、東郷証券株式会社の金融商品取引業の登録取り消しにともない、顧客保護の観点から、同社の取引所為替証拠金取引(くりっく365)及び取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)に係る事業を譲り受け、これまでの経験と実績をもとに、今回の事業譲渡の対象となるお客さまに、良質なサービスを提供してまいります。

2.サポートコースの新設

当社は、取引所為替証拠金取引(くりっく365)、取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)の顧客サービス拡充を目的とし、従来からのネット取引にくわえ、新たに対面でお客さまにサービスを提供する「サポートコース」を新設いたします。当社の経験豊富な専任のアドバイザーが、投資のご相談をさせていただくことで、東郷証券株式会社で対面取引をご利用されてきたお客さまにも安心してお取引を行っていただけるだけでなく、取引所為替証拠金取引(くりっく365)、取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)でアドバイスを求めるお客さまのニーズにも応えてまいります。

3.今後のスケジュール

2019年10月5日に事業譲渡が完了する予定です。なお、対面型の「サポートコース」については、2019年10月7日よりサービスを開始する予定です。

岡三オンライン証券は、今後とも価値あるサービスの提供に努めてまいります。

本プレスリリースのPDF版はこちらPDF

プレスリリース一覧へ

ページトップへ