プレスリリース

2018年07月20日
岡三オンライン証券株式会社

業界初 AI技術を活用して日本株取引をデータ解析 お客さま一人ひとりに合わせた最適な投資アドバイスを提供

岡三オンライン証券(以下「当社」という) は、フィンテックベンチャーの株式会社 Finatext (以下「フィナテキスト」という、本社:東京都千代田区、代表取締役: 林良太)とAI技術を活用した日本株取引データ解析を、共同で企画・開発するプロジェクトを推進することで合意しましたのでお知らせいたします。
このプロジェクトでは、まず、当社の保有する日本株取引データや株価・企業業績等をフィナテキストが開発したAIエンジンにより分析し、当社が構築中のマーケティングオートメーションプラットフォームと連動させ、より効率的で機動的な顧客別デジタルマーケティング施策への応用を目指してまいります。さらに、同解析データを活用し、お客さま一人ひとりに合わせた最適な投資アドバイスを作成することを最終ターゲットとしており、当社独自のAI投資アドバイスをお客さまのモバイル端末に提供する計画となっております。
当社としては、フィンテック時代における新たな投資アドバイスサービスの創出に向けて、独自のAI投資アドバイスサービスで個人投資家の皆さまに対して最適な取引アドバイスの提供ができるよう積極的なサービス構築を目指してまいります。

サービス概要

取引履歴、預かり資産状況、顧客属性などの当社保有顧客データ※1 とマーケット情報(株価、企業財務情報、会社業績予想、コンセンサス予想、適時開示情報、行事予定、コーポレートアクション等)を解析し、AIエンジンにより統計的に抽出される顧客グループ毎の取引傾向をクラスター分析※2 により生成します。さらに、顧客が属するトレーダー層内のパフォーマンスベンチマークを算出し、顧客別の取引サポートコンテンツを生成していきます。これにより、個人投資家の個々の取引手法・顧客属性に基づく個別銘柄レコメンド、個々人の属するトレーダー層内のパフォーマンスベンチマークを軸としたパフォーマンス改善コンテンツを提供してまいります。

  • ※1当社保有顧客データ:サービス構築にあたり、フィナテキストに提供するデータには住所・氏名など個人を特定するデータは含まれていません。
  • ※2クラスター分析:ビッグデータの分析、その中でもOne to Oneマーケティングを用いる分析手法として、最も重要な位置を占めるといわれる統計分析手法の一つ。異なる性質のものが混ざり合った集団から、お互いに似た性質を持つものを集めて分類する手法。

開発スケジュール(予定)

2018年7月~10月 顧客クラスター毎マーケティングコンテンツエンジンの開発
個々人の取引サポートコンテンツエンジンの開発
2018年11月以降 モバイルアプリの開発

イメージ図

株式会社Finatext(フィナテキスト) について

フィナテキストは、2013年12月に東大出身者を中心に次世代ウェルス・マネジメント・サービスを提供することを目指し設立された会社です。リテール向けにモバイルサービスや投資関連のアルゴリズム等を提供する フィナテキストと、機関投資家向けにビッグデータ解析サービスを提供している ナウキャスト (2016年8月統合)、次世代証券プラットフォームの確立と、個人投資家のそれぞれのライフシーンで投資が可能なモバイル端末取引をメインとしたスマートプラス(2017年3月設立)の3社を軸に、国内外で事業を展開しています。

本プレスリリースのPDF版はこちらPDF

ページトップへ