プレスリリース

2018年01月31日
岡三オンライン証券株式会社

API(先物版)接続環境の提供について

岡三オンライン証券は、2月1日(木)オープンイノベーションへの取組の一環として、先物のシステムトレードで実績のあるオートマチックトレード株式会社に先物関連API(Application Programming Interface)環境の提供を開始いたしましたのでお知らせいたします。
当社ではこれまでもExcel上で発注などが出来るアドオンツール「岡三RSS」の提供など、ユニークな取引環境をご提供してまいりましたが、オートマチックトレード株式会社が提供するシステムトレードサービス(※)はプログラミングの知識がない方でも比較的容易にシステムトレードを構築することができることで、より多くの個人投資家の皆さまへシステムトレードの環境をご提供できるようになります。
また今回の先物関連API環境の提供を皮切りに、サードベンダーのシステム開発業者様との連携拡大を推進することで、システムトレードのみならず様々な投資ツールのご提供が可能になります。

■API(先物版)イメージ図

取次受託業務の流れ

■対応商品

日経225先物取引・日経225mini取引・TOPIX先物取引・ミニTOPIX先物取引・JPX日経インデックス400先物・東証マザーズ指数先物取引・TOPIX Core30先物取引・東証REIT指数先物取引・日経平均VI先物取引・NYダウ先物取引

オートマチックトレード株式会社について
株式・日経225先物・FXの完全自動売買システム「オートレ」や株式の自動ロスカットシステム「投資のおまもり」など、投資の省力化・自動化のためのシステムを提供。2017年5月には創業11周年を迎え、利用者数は年々右肩上がりに増加している。

このシステムトレードサービスは当社が提供するものではありません。また、当社が推奨・勧誘しているものでもありません。当社はこのサービスの動作保証およびサポート等、一切の責任を負いません。これらのサービスに関しては、オートマチックトレードに直接お問い合わせください。

岡三オンライン証券は、今後とも価値ある商品やサービスの提供に努めてまいります。

本プレスリリースのPDF版はこちらPDF

ページトップへ